安い、ウマい、健康的…いいことずくめ“減塩水レシピ”とは?

投稿日: 2014年09月12日 00:00 JST

「よく料理レシピで『塩・こしょう少々』という記述が出てきますが、『少々』は人によって違いますよね。調味料の量で料理の味は変わってしまいますし、顆粒の塩を計量するのは、本当に難しい。では、塩分計量を正確にするにはどうしたらいいか、料理によって塩分の量を均一にできる方法はないかと思い、塩水を調味料とする『減塩水レシピ』を考えつきました」

 

そう語るのは、『血圧が気になり出したら 初めての減塩水クッキング』(セブン&アイ出版)の著者で、料理家・栄養士の小田真規子さん。減塩水って、いったいどんなモノなの……?

 

「水に一定量の塩を溶かした塩水のことです。塩を液体にすることで、塩分1グラム未満でも簡単にはかれるので、計算もしやすい。塩はどこにでも売っている精製塩、水は水道水でもミネラルウオーターでも、ふだん料理に使っている水で大丈夫。誰でもご自宅ですぐに作れますよ」(小田さん・以下同)

 

しかし、減塩料理というと、味が薄くておいしくないというイメージがあるけれど……。

 

「減塩水を使えば、最小限の量の塩で味が決まります。適正量の塩によって素材の味が引き立ち、素材独自のうま味を引き出せるんです。また、液体なので素材にまんべんなく塩分をいきわたらせることができ、余計な塩分のカットにもなります。素材にベースの味がきちんとつくので、知らず知らずのうちに多めに入れてしまいがちな、みそやしょうゆの使用量も減らせるんです」

 

減塩水は高血圧や生活習慣病の予防になるだけではない。病気で塩分計算が必要な人のみならず、女性にとってもうれしい効果があるという。

 

「味の濃い料理を食べ続けていると、舌がより濃い味を求めてしまう傾向があります。どんどん塩分を摂取したくなるだけではなく、糖分や脂肪分などより刺激の強いものを求め、負の連鎖に陥りがち。減塩すれば、糖分や脂肪分も回数・量ともに減らすことができ、ダイエットにもつながるんですよ。塩分を減らすことで、むくみの防止にもなり、体もスッキリします」

 

減塩水を使った超画期的調理法は、減塩料理の味けなさに嫌けがさしている人への福音といえそうだ。

【関連記事】

30万部突破の病院食レシピ本”減塩でもおいしい”理由

“世界でいちばんおいしい”ミートソースの作り方

都道府県別死因データ「がん、脳卒中、自殺」のワーストは?

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

水晶玉子さんが語る「物事が大きく発展する“吉兆日”はこの日!」2018.05.09

3年目を迎えた本誌連載『オリエンタル占星術』が大人気の占い師・水晶玉子さん。'17年末に、『水晶玉子縁結び開運バイブル2018』(光文社刊)を出版した記念として、4月16日、都内の光文社にて、水晶玉子...


ランキング