診察5年待ちの名医が自分の食道に腫瘍を発見し考えたこと

投稿日: 2014年10月23日 11:00 JST

「先日、ふだんなら受けない上部消化管内視鏡検査を受けました。上部消化管とは食道、胃、十二指腸のこと。俗にいう『胃カメラ』です。もともと何か異常があったわけではありません。母親がすい臓がんだったため、すい臓がんはいずれ自分もなりうると思い、検査もこまめに受けていました。でも、食道や胃は、正直、自分には関係ないと思っていたのです」

 

そう語るのは順天堂大学教授の小林弘幸先生。直前に受けたCTや血液検査、MRIはすべて異常なし。内視鏡は麻酔をかけたりと手間がかかるため、検査は受けなくていいと思っていた。だが、なぜか今回に限って「たまには受けてみよう」と思い直したという。しかも、いつも検査を受けている病院ではなく、自分の大学で……。

 

「検査当日。担当してくれた後輩医師が『先生、異常があります』と言うのです。拡大内視鏡で私も確認すると、食道に腫瘍が。さらに、その腫瘍の血管の走行具合が、がんのそれを思わせるようなものでした。まさか、自分が食道がんにーー?私はこれまで健康そのもので、異常が見つかったのはこれが初めて。そこで初めて、私は自分の死というものに向き合うことになりました」

 

意外にも、心に湧き上がったのは自分の死に対する悲しみや恐怖ではなかった。それよりも、親を含め、今までの人生でお世話になった人に、きちんと恩を返せているだろうかという不安。そして、妻や身近で世話をしてくれている、秘書の将来への心配だった。

 

「そして翌々日、たまたま時間が取れたので、早めに腫瘍を切除することに。すると、なんと、腫瘍の大きさは、ボールペンのペン先ほどの、わずか0.5ミリ!一昨日は拡大された画像を見ていたので、まさかこんなに小さいとは思いませんでした(笑)」

 

通常、早期がんといっても発見できるのは1〜2センチになってから。まるで、奇跡のような超早期発見だった。

 

「『よく見つけたな!』と後輩医師に聞くと、実は最初はまったく見つからなかったとのこと。しかし彼が、念のために、色素材を散布して反応を見る『色素法』で詳細に調べてくれたことで、発見につながったのです。大学で検査をしなければ、絶対に見つからなかったでしょう」

 

この小さな腫瘍が悪性か良性かは検査中だが、もし今回検査を受けていなければ、「おそらく私は、2年は放置していたでしょう」と小林先生は話している。この腫瘍が、もしがんだった場合、1年後には早期がんから進行がんに変わっていた可能性も。その場合、5年生存率は20%だ。

 

「不思議な偶然が度重なり、私の命は救われました。この経験は、私の医師としてのターニングポイントになりそうです」

【関連記事】

血液検査だけでガンを発症前に消滅させる「超早期発見法」

ガンを発症前に消滅させるための「ブレイン・トレーニング」

日本最高峰の獣医師が語る愛犬の健康を守るアドバイス5

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

水晶玉子さんが語る「物事が大きく発展する“吉兆日”はこの日!」2018.05.09

3年目を迎えた本誌連載『オリエンタル占星術』が大人気の占い師・水晶玉子さん。'17年末に、『水晶玉子縁結び開運バイブル2018』(光文社刊)を出版した記念として、4月16日、都内の光文社にて、水晶玉子...


ランキング