美容師は糖尿病、販売員は心筋梗塞…「仕事別・なりやすい病気」

投稿日: 2014年10月26日 07:00 JST

「仕事によって、なりやすい病気は違います。最近のメタボ検診のデータでわかったのですが、たとえば同じ年代でも銀行員とシステムエンジニア(SE)の人たちでは、健康状態に差が出ています。それは仕事自体が悪いのではなく、仕事によって陥りがちな生活パターンによるものなのです」

 

そう教えてくれたのは、『早死にする仕事、長生きする仕事』(マガジンハウス)の著者で、医学博士の古井祐司先生。古井先生は、20代で地域医療を目の当たりにした経験から予防医学に目覚め、現在は東京大学政策ビジョン研究センターで、健康づくりに取り組む企業や自治体を応援する仕組みの構築に取り組んでいる。

 

健康リスクの高い仕事には、大きく2つの要因があると古井先生。1つ目は、食事の取り方と内容。寝る直前に食事を取る生活をしている人は要注意。2つ目は、緊張が連続する状態。出向先などでリラックスできない環境で、長時間の緊張状態が続く仕事は危険だという。それでは、具体的にどんな仕事がどんな病気になりやすいのか。古井先生に教えてもらった。

 

【糖尿病】運転手、美容師

「運転や接客に追われていると、昼食を取り損ねることもしばしば。まとまった食事の時間が取れないため、空腹を満たすために甘い清涼飲料水を一日に何度も口にしてしまいます。血糖値が高いことにも気付かず、糖尿病予備軍となってしまうのです」

 

【心筋梗塞】販売員、営業、保険外交員

「顧客の都合で動くため、食事のタイミングも毎日バラバラ。パパッと食べて、すぐに仕事に戻るため、丼物や麺類、菓子パンなど高カロリーの炭水化物で食事をすませがち。さらに、空腹時間が長いうえ、深夜に夕食を取るため太りやすくなり、メタボの原因に。メタボが動脈硬化を促進させ、心臓にも負担がかかります」

 

【高血圧】SE、デイトレーダー、編集者、イラストレーター、アニメーター

「緊張状態が続くと、自律神経のなかでも交感神経が優位になり、血管が縮みやすく、血圧が上がりやすいのです。デスクワークで同じ姿勢のまま作業するため、血流が滞って肩こりが生じやすいのも血圧を上げる一因になります」

 

【脂肪肝→肝臓病】医療関係者、介護関係者、コンビニ店員など、24時間シフト制で働く人

「シフト制で働く人たちは、仕事を終えると次の日業務まで間があるため、仕事後の飲食の時間が長くなりやすい。ゆっくりお酒を飲んだり、業務を終えた解放感から大量に食べてしまったり。寝る直前に食事を取る人も多く、体に大きな負荷がかかります」

 

生活習慣を改善して、健康で長生きできる生活を!

【関連記事】

爆笑問題・田中も感染した”キスでうつる”病気

免疫学の権威が監修「血液型別なりやすい病気」A型編
うつや脳梗塞も…怖い病気が潜む“汗のかき方”に注意

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

“好感度1位”俳優パク・ボゴム 謙虚すぎる受け答えにウットリ2017.12.05

最旬スターのインタビューをお届けするK☆STAR LOVERS。今回のゲストは、今、韓国で最も愛される俳優のパク・ボゴム(24)。'16年に韓国で放送され、最高視聴率25.3%を記録した時代劇『雲が描...


ランキング