食べて花粉症を治療…実用間近「花粉症緩和米」とは

投稿日: 2015年02月02日 07:00 JST

関連キーワード

これから春先に向け、子供の受験や新生活など大きな行事を抱える人も多いはず。そんな人たちを悩ませる大きな問題が「花粉症」。しかし今、花粉症の治療と予防はここまで進んでいた!

 

なんと、日本人の主食である「お米」を食べて花粉症を緩和する免疫治療が、実用間近だという。世界で初めて開発されたその米の正体は、遺伝子組み換え技術を利用して、スギ花粉のタンパク質の断片をコメの中に作り出したもの。その名も「花粉症緩和米」だ。

 

研究を進める東京慈恵医科大学の分子免疫学研究部長・斎藤三郎准教授に話を聞いた。

 

「花粉症緩和米を継続して食べることで、体を少しずつアレルゲンに慣れさせます。緩和米に含まれているのは花粉の断片で、アレルギー反応を起こす部分を取り除いてあります。ですから、1度に大量摂取しても安全」

 

最終的には、体が花粉を敵と判断しなくなり、アレルギー反応を起こさなくなるそう。斎藤先生のチームは、’13年12月〜’14年5月の花粉シーズン中、スギ花粉症患者30人を対象に、データを収集。その結果、緩和米を毎日食べた人は、食べ始めて8週間後には、花粉に対する免疫反応が抑制されていることを確認。アレルギー症状も抑えられる傾向にあった。

 

「コメならば、実用化したとき、一度に大量に生産・収穫できるので、薬より低コストですみます。何より、毎日の食事に取り入れて摂取しやすい。加熱調理しても効果に変わりはありません」

 

斎藤先生のチームは現在、より少ない量で効果が出るよう実験を重ねている。商品化までは、さまざまな検証が必要になるが、実現すれば、画期的な治療法になることは間違いない。

 

「緩和米は、毎年の花粉シーズン中に食べるだけでも効果はあると考えています。毎年、続けることで徐々に症状がやわらいでいき、ゆくゆくは根治も期待できるでしょう」

 

近い将来、花粉症はご飯で治す時代が来るかも!?

【関連記事】

半身浴より全身浴…川嶋朗先生に聞く「冷え取りの新常識6」

ママ友同士で言ってはいけない「地雷語」10

ダイエット、免疫力アップにも…“モリンガ”って知ってる?

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

水晶玉子さんが語る「物事が大きく発展する“吉兆日”はこの日!」2018.05.09

3年目を迎えた本誌連載『オリエンタル占星術』が大人気の占い師・水晶玉子さん。'17年末に、『水晶玉子縁結び開運バイブル2018』(光文社刊)を出版した記念として、4月16日、都内の光文社にて、水晶玉子...


ランキング