最新研究で明らかに…「自分は若い」と思っているほうが長生きできる

投稿日: 2015年02月20日 06:00 JST

昨年12月、イギリスのユニバーシティ・カレッジ・ロンドンが発表した研究によれば、自分は実年齢より若いと感じる人は、死亡リスクが極端に低くなることが明らかになった。研究は、’04年から’05年にかけておこなわれた大規模加齢研究のなかの約6,500例のデータをもとに実施された。順天堂大学医学部の小林弘幸教授は言う。

 

「実年齢と比べて自分は『3歳以上若いと思っている』『年相応』『1歳以上老けていると思う』の3グループに分け、’13年までの死亡率を収集しました。その結果、自分は若いと感じる群は、そのほかに比べて死亡リスクが低いと判明。とくに『老けている』と感じる群に比べると、死亡リスクは40%も下がることが明らかになったのです。具体的なメカニズムについては明らかになっていませんが、がんによる死亡では有意な差が見られなかったのに対し、心血管死では自己認識年齢が強く関係していたという結果も」

 

やはりプラス思考、マイナス思考といった気の持ちようが血流に影響しているようだ。それを裏付けるように、今年1月に米イリノイ大学が「楽観的な人のほうが長生きできる」という研究結果を発表。45〜84歳の男女5,100人の11年分のデータを解析し、メンタルの傾向と、血圧や血糖値、コレステロールなどの健康スコアを調べた。

 

「その結果、楽観的な人ほど数値が正常であるという結果に。もっとも楽観的なグループは、もっとも悲観的なグループに比べて、健康スコアが『正常』である割合が、2倍も高かったのです。これらの数値が正常であるということは、血管が丈夫であるということ。先の『気持ちが若い人ほど心血管死のリスクが下がる』という結果と、見事にリンクするのです」

 

マイナス思考というのは、常に不安にさいなまれている状態。ストレスは血管をドロドロにするというのは、もはや知られた話だ。

 

「また、『命の回数券』といわれ、寿命の長さを示すテロメアも、ストレスによって短くなることがさまざまな研究によって示唆されています。ストレスから生じた活性酸素が、テロメアにダメージを与えているなどの可能性が考えられているのです。『私なんて、どうせもう年だし』と思わずに『まだまだ若い!』と思うことが、老化を防ぐ第1歩となるのです」

【関連記事】

近藤誠医師「悪玉コレステロールが多いほど長生きできる」

長野を日本一の長生き県にした名医の「長寿食ルール4」
“やんちゃ”なほど長生き!? 全国「長寿ネコ」元気のヒミツ

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング