「睡眠は9時間以上で肥満に、不眠症は重病のサイン」と最新研究

投稿日: 2015年03月25日 06:00 JST

「先月、アメリカの睡眠財団が、年代ごとの理想的な睡眠時間を発表しました。睡眠の専門家や老年医学会、精神学会などが関わった、これまでにない大規模な調査によると、男女問わず26〜64歳の睡眠時間は7〜9時間が望ましいというのです」

 

こう語るのは、順天堂大学医学部教授の小林弘幸先生。ほかの世代では、就学児童(6〜13歳)にとって望ましいのは9〜11時間。思春期の小児(14〜17歳)で8〜9時間、青年(18〜25歳)で7〜9時間、65歳以上の高齢者が7〜8時間となっている。

 

「たしかに睡眠には、個人差があり、その質や時間の基準は、これまで明確に定められていませんでした。今回の発表で注目されるのは、グッスリ眠れたかどうかなどの睡眠の質ではなく、時間をクローズアップしていることです」

 

日本女性の平均睡眠時間は、年々短くなっており、6時間16分という調査結果(『日本人の睡眠2014』より)も出ている。

 

「そこで気がかりなのが、理想的な眠りの時間を得られないのは『重大な健康問題の兆候や症状である恐れがある』と警鐘を鳴らしていることです。睡眠時間が短くなったことを加齢のせいだと思っていたら、実は糖尿病や肝機能障害、腎臓疾患など症状として現れにくい病気の発症サインだということも」

 

また7時間に満たない場合は「健康を損ねる原因」との指摘もあり。睡眠不足により、糖尿病、脳卒中、心筋梗塞などの生活習慣病やがん、さらにはうつ病になるリスクも上昇。血流も滞り、脳の働きも低下する。何をやっても能率が悪くなるばかりか、お肌のハリやつやも失われる。

 

「とはいえ、9時間以上の寝すぎも、高脂血症、高血糖、肥満などの生活習慣病のリスクが高まります。就寝中は、ホルモンの分泌を促したり、血流を整えたりと、体のメンテナンスをしてくれる副交感神経が活発に働きます。スマホや携帯電話が充電を必要とするように、人間も適度な時間の“充電”が欠かせないのです」

【関連記事】

いびき、喉の渇き…見逃し厳禁「睡眠障害のサイン10」

1000人以上の肥満症患者を診た医師が伝授「睡眠ダイエット」
「寝すぎは“ボケ”と“糖尿”を招く」と専門家が語る理由

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング