春先以降に急増! 紫外線対策の基本3つのポイント

投稿日: 2015年05月18日 06:00 JST

紫外線は真夏の8月ではなく、春先から次第に強くなり6〜7月にピークを迎えます!そのため、今の時期から紫外線対策は必須です。そこで、「紫外線対策の基本3つのポイント」を紹介。

 

【ポイント1】春先以降の紫外線量は急増

つい油断しがちな時期ですが、5月以降の紫外線量は1〜3月に比べほぼ倍になります。紫外線は肌の老化の外的要因の8割を占めるので、しっかり対策をしておかないとダメージは予想以上です。

 

またいちばん実用的なのは、長袖を着たり、帽子をかぶったりして物理的に防ぐこと。これだけでも紫外線量の約50%くらいブロックできるんです。

 

【ポイント2】数値にとらわれないモノ選びを

日焼け止め商品を選ぶときは、SPFやPA値が高ければよいと思っていませんか?もちろん数値が高いものは効果がありますが、最近は、紫外線でダメージを受けた肌を保湿したり、プラスアルファの成分・機能にもこだわって販売しているものも増えてきています。購入する際にお店に相談してみるといいでしょう。

 

【ポイント3】日焼け対策には食生活も重要

ビタミンAやCなどは、紫外線対策には大切な栄養素です。特にビタミンCは多くの紫外線対策の化粧品にも使われているほどです。

 

日焼け後のシミやそばかすの原因となるメラニンの生成を抑制する効果が高いんです。ただ、ビタミンは口から摂取する場合は、一定以上体内に蓄積できないので、継続的に摂取する必要があります。

【関連記事】

サケ、エビ、カニ…「紫外線対策に赤い食べ物」と医師

皮膚科医に聞く「ひと夏の紫外線をシミにしない」新常識10
紫外線対策だけではダメ! 体にダメージ与える"近赤外線"の恐怖

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング