脳梗塞の危険も…健康診断の「B判定」をバカにできない理由

投稿日: 2016年11月16日 12:00 JST

image

 

「健康診断の『B判定』は、多くの項目が重なれば、脳梗塞や心筋梗塞など、重病の危険が高まります。中には、『C判定』より危険な『B判定』もあります。『B判定』の陰で、ひそかに病いは進行しているのです」

 

そう警鐘を鳴らすのは、20年にわたり20万人以上の人間ドックや健康診断を行ってきた、内科医の奥田昌子先生だ。

 

「B判定を見て、“まだ大丈夫”と思っていませんか?一般的にB判定は、『経過観察』といわれています。しかし、『経過観察』といっても、単に“とりあえず放っといて様子を見ること”とはまったく違います」

 

経験の中で、「B判定こそが、病気になるかならないかの境界線だ」と気づいたという奥田先生。今年7月、『健康診断 その「B判定」は見逃すと怖い』(青春出版社)を出版した。

 

決して油断してはいけないというB判定……。「血糖値」のB判定には、食後だけ高血糖になる「隠れ糖尿病」の可能性がある。B判定を受けても生活を変えずにいると、5年以内に“4人に1人”という確率で糖尿病を発症するという。

 

「さらに、血圧がB判定の場合には、2人に1人が高血圧に移行しますし、すでに危険な『隠れ高血圧』になっている可能性も。また、食後に中性脂肪が猛烈に上がる『隠れ糖質異常症』(食後高中性脂肪血症)も健診ではB判定になることがあり、この場合、健康な人と比べて、心筋梗塞をはじめ心臓病のリスクが3倍になります。血糖値がB判定の場合、大腸がん、肝臓がん、膵臓がんの発症率も上がります」

 

また、危ないのが2つ以上のB判定がある場合だ。

 

「B判定がいくつか重なると、C判定より怖い場合があります。これは、サッカーのイエローカードが2枚出されると、レッドカードで退場させられてしまうのに似ています。それだけでなく“1+1”が3にも4にもなってしまうことがあるんです。その代表として挙げられるのが、メタボリック症候群。内臓脂肪が蓄積している人が、高血糖、脂質異常症、高血圧の3つのうち、2つ以上にあてはまると“メタボ”と診断されてしまいます」

 

内臓脂肪がたまっていない人は、メタボと診断されることはない。しかしそんな人たちも、肥満、脂質異常症、高血圧、高血糖のうちB判定が3〜4つあれば、それは“メタボ”。それらすべてがA判定の人と比べた場合、心臓病の危険は31倍に跳ね上がる。

 

「B判定が2つ以上なら、最悪の場合、脳梗塞を引き起こす危険性も考えられます」

 

B判定とは、「病いへ向かうか、予防できるかの大きな岐路」だと奥田先生は語る。その岐路を発見するため、「健康診断」は受けるべきなのだ。

 

「健康診断を受ける目的の1つは、現在の健康状態を把握すること。もう1つは、結果をしっかり受け止めて、生活習慣の改善に役立て、将来の病気を予防することです。B判定があったら近くの内科医やクリニックに結果を持参して、医療従事者から説明を受けてください。1年後ではなく、3カ月後、半年後に検査を受けて経過を確認していきましょう。健康診断の結果は、年ごとの変化をきちんと見ることと、項目を関連づけてみることがとても重要なのです」

【関連記事】

磯野貴理子「何かあたし変…」夫が明かす脳梗塞発症“異変の現場”

がん・脳梗塞になりたくない人に勧める超簡単な10の習慣
脳梗塞、腰痛のリスクまで判明!自宅で遺伝子検査キット

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング