じつはこんなに活躍している「毛細血管」のスゴイ働き5

投稿日: 2017年02月01日 12:00 JST

image

 

「『人は血管とともに老いる』という有名な言葉がありますが、いま、世界の最先端医療が注目しているのは毛細血管です。すべての血管のなかで、毛細血管が占める割合は99%。全身の血管のほとんどを占めているのです」

 

そう語るのは、ハーバード大学やパリ大学の医学部客員教授として、国際的に活躍中の根来秀行先生。

 

「体中に張り巡らされた毛細血管は、いわば人体でいちばん大きな臓器です。しかし、動脈や静脈が年を重ねても数が変わらないのに対し、毛細血管は加齢とともにどんどん減ってしまいます。女性の場合は40代ごろから衰え始め、60代では20代に比べて、約4割も減ってしまうのです」

 

ただでさえ冬は寒さのために血管が縮まり、血流が悪くなりやすい季節だが、毛細血管が衰えていては、老化も加速するいっぽう。頭痛、胃痛、手足の冷え・しびれなど、全身に不調が生じるだけではなく、肌荒れ、抜け毛や白髪が増えたりと、見た目にも悪影響を及ぼすという!

 

そもそも毛細血管とは、名前のとおり、直径0.01ミリほどの超極細。肉眼では見えないぐらいの細さだが、全身にくまなく張り巡らされている。

 

「人間の体を構成する60兆個もの細胞は、すべて毛細血管から0.03ミリ以内に存在しています」

 

そんな毛細血管の、すごい働きの5つを根来先生が教えてくれた。

 

【1】栄養素や酸素を各細胞に届ける

 

「毛細血管は、血液が運んだ栄養素や酸素をにじみ出させます。各細胞はそれらをもとに、生命活動に必要なエネルギーを作り出します」

 

【2】エネルギーを作る過程で発生した二酸化炭素や老廃物を回収

 

「毛細血管は、エネルギーを作る過程で発生した二酸化炭素や老廃物を回収。回収された二酸化炭素は肺の毛細血管へ運ばれ、酸素と交換されます。老廃物は肝臓や腎臓の毛細血管へ運ばれ、ろ過されたのちに、尿や便となって排出されます」

 

【3】免疫細胞を必要な場所に届ける

 

「血液は白血球などの免疫細胞も運んでいますが、毛細血管は、これらをウイルスや細菌に感染した部分に届け、外敵と戦わせます」

 

【4】分泌されるホルモンを運搬

 

「さまざまな使命をもって分泌されているホルモンを、しかるべき場所に運搬しているのも毛細血管。たとえば、『もうすぐ生理がきますよ』といった情報は、女性ホルモンを介して伝わります。いわば毛細血管は体の情報伝達網なのです」

 

【5】体温調整

 

「暑いときには血管が拡張し、血流が多くなることで、皮膚の表面温度が上がります。すると毛穴や汗腺から汗が出て、体内の熱が放出されるようになっているのです。反対に寒いときには毛細血管が収縮し、体内の熱を逃さないようにしています」

 

こうした5つの働きを持つ毛細血管は、生命の営みの最前線を担っているのだ。

【関連記事】

ツヤ肌を手に入れるためにすべき“毛細血管エクササイズ”

かめば若返る…唾液腺ホルモン「パロチン」出す方法
90%の人の血圧が降下!1日10分でできる血管マッサージ

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング