当てはまる人は要生活改善!「骨折」危険度チェックリスト

投稿日: 2017年04月19日 06:00 JST

image

 

全国で1,300万人もいると推定されている骨粗しょう症患者。’14年には大腿骨近辺を骨折した人は約19万人にもなったという。なんと、1日平均520人が太ももを骨折していることになる。

 

「大腿骨近辺の骨折は手術が必要となることも多いうえ、回復にも時間がかかります。とくに高齢者の場合は骨折をきっかけに認知症になったり、回復しないまま寝たきりの生活が続いたりと、介護問題にまで及ぶのです。骨折後1年以内に亡くなる人も少なくありません」

 

こう話すのは、慶應大学医学部整形外科特任準教授・宮本健史さん。宮本さんは次のように続ける。

「調査をすると、骨折をした人たちは高齢者が多く、とくに閉経後の女性が多いことがわかりました。この条件は骨粗しょう症のリスクの高い人に当てはまるのですが、骨折する人の多くが、自分が骨粗しょう症だという自覚がない場合も少なくありません。ちなみに女性は70代後半になると、2人に1人が骨粗しょう症になります」

 

骨折する人の多くが、自覚がない場合も少なくないという骨粗しょう症。そこで、将来の「骨折」危険度チェックリストを紹介!

 

【1】すでに閉経を迎えている

【2】お酒を飲むとすぐに顔が赤くなる

【3】この1年間で背中が丸くなってきた

【4】若いときに比べて身長が縮んだ

【5】家族に骨粗しょう症の人がいる

【6】たばこをよく吸う

【7】ささいなことで骨折したことがある

【8】ジョギングやウオーキングが苦手

【9】外出の機会が少なく、日光に当たらない

【10】牛乳や乳製品をあまり取らない

【11】魚や大豆食品はあまり食べない

【12】体形はスリムなほうだ

【13】1日、(日本酒で)3合以上飲酒をする

 

【診断結果】1〜6に当てはまった人は要注意!! 7〜13に当てはまった人も生活改善の検討を!

 

“予防対策”について、宮本さんは「ビタミンEを適度に摂取すれば、骨粗しょう症や骨折を予防できる可能性もあるのです」と語る。

 

ビタミンEならば、サプリメントでも手軽に取れそうだが……。

 

「サプリですと過剰摂取になるので、私は食事で取ることをおススメします」(宮本さん)

 

ビタミンEを多く含む食品には、ナッツ類、ひまわりの種などの種子類、ほうれん草やブロッコリーなどの緑色野菜、それに小麦胚芽油・ひまわり油・紅花油・大豆油などの植物油などがある。一例をあげると、アーモンドは20〜25粒くらいが1日の摂取量の目安となる。

 

「また喫煙は、骨をもろくさせ、骨粗しょう症リスクを高めます」(宮本さん)

 

大腿骨骨折をしてから後悔しても遅い。ビタミンE摂取や禁煙などの生活改善こそ“転ばぬ先のつえ”なのだ。

【関連記事】

「五月病?」と思ったら試してみてほしい女性のための生活改善法

朝食後の一服は緑茶で「認知症予防のための生活改善」1
漢方学の権威語る「“朝カレー生活”ががんに効く」

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング