健康な人ほど掛金安く?専門家語る“新型の保険”

投稿日: 2017年06月22日 16:00 JST

image

 

「『健康な人ほどお得』な保険は以前からありましたが、がん保険などにも広がっているのが最近の傾向。ただ、自分にとって本当に必要かどうか、よく吟味しましょう」

 

そう語るのは、経済ジャーナリストの荻原博子さん。最近、“健康な人ほど、保険料が安くなる”と宣伝する保険が増えている。どんなものがあるのか、荻原さんが解説してくれた。

 

■「健康年齢」で保険料が決まる

 

「昨年12月に発売されたネオファースト生命の『カラダ革命』は、更新後の保険料が、実年齢ではなく健康年齢で決まります。健康年齢は、実年齢と健康診断の結果から算出します。身長・体重や血圧、尿タンパク、血中脂質などのデータを、ビッグデータを活用したネオファースト生命独自の方法で分析。健康状態がよい人ほど、健康年齢が若いと判定され、保険料が安くなります」

 

■歩けばキャッシュバック

 

「東京海上日動あんしん生命の『あるく保険』は、毎日、平均8,000歩以上歩くという目標を設定。達成できた加入者に、保険料の最大1割をキャッシュバックします。歩数測定は、加入者に貸し出される歩数計端末を利用します。これとスマートフォンの専用アプリを連動させることで、保険会社は歩数データを蓄積していきます。データの集計は2年ごと。目標の達成度合いに応じて、キャッシュバックの金額が決まるようです」

 

■健康状態で保険料を割引

 

「メットライフ生命の『スーパー割引定期保険』という死亡保険は、加入時の健康状態によって、保険料が最大52.9%引きになります。基準となるデータは、身長・体重、血圧と、喫煙の有無。加入者を4つのグループに分類し、グループごとに保険料率を定めています」

 

■ノンスモーカー割引

 

「マニュライフ生命の『こだわり医療保険 with PRIDE』は、過去1年間たばこを吸っていなければ、割引を受けられます。ただし、自己申告ではなく、専用の機器を使った検査が必要です」

 

お得感のある保険料設定は、生命保険や医療保険から始まり、最近では、がん保険や収入保障保険など、さまざまな保険に広がってきた。

 

「ただ、保険料がどれだけ魅力的でも、保険加入を考える際は、保障内容を吟味することが大切です。その保障は、自分にとって本当に必要か、よく検討してください」

【関連記事】

一時金300万円も…「認知症保険」個性的な商品続々出る

中年以降は負担額増も…「実費型医療保険」の長所と短所
ベストな加入時期は? 年齢別「がん保険との付き合い方」

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング