脚が太い原因は「気をつけ」姿勢…専門家語る理想の立ち方

投稿日: 2017年06月30日 21:00 JST

image

(イラスト:中村知史)

 

皆さんの多くは小学校入学以来ずっと、脚を揃えて立つ「気をつけ!」の姿勢こそ最も美しく体にいい姿勢だと指導されてきたことだろう。だが実は、「気をつけ」姿勢が多くの人を苦しめる腰痛や肩凝りの原因となりうるという。

 

これは、メディカル・トレーナーの伊藤和磨氏が新刊『頭痛・めまい、首・肩の痛みを動かしながら治す アゴトレ』の中で指摘しているもの。普段から当たり前のように取っている姿勢には、実は危険性が潜んでいるというのだ。

 

同著によると「気をつけ!」姿勢は前のめりになりやすく、それが身体に負担をかけてしまうという。日本人女性の多くは太ももの外側が異常に張り太くなっているが、これも「気をつけ」姿勢が原因だ。

 

ではこれまで「良い」といわれてきた「気をつけ」の代わりに、どういう姿勢を取れば腰痛や肩凝りを予防でき、なおかつ脚を太くすることを避けられるのだろうか?伊藤氏が提唱するのは、脚を前後に開いて立つ「スプリット・スタンス」(冒頭イラスト参照)だ。

 

前出のとおり「気をつけ」姿勢は前のめりになりやすい。だがこの「スプリット・スタンス」で後ろ足を外側に開き、前足を少しだけ外側に開いて立つだけで、背骨のカーブが理想的なS字カーブになる。それによって自然体で立つことができ、余計な力が抜ける。そして前に出した足がつっかえ棒のようになり、前のめり姿勢も改善されるのだ。

 

こんな簡単なことで腰痛・肩凝り予防になり、脚も太くならない「スプリット・スタンス」。今すぐ始めてみてはいかがだろうか?

 

 

『頭痛・めまい、首・肩の痛みを動かしながら治す アゴトレ』

 

image

著者:伊藤和磨
価格:1,400円+税

仕様:単行本/ソフトカバー/136ページ/DVD付き
出版社:光文社
発売日:2017年5月15日(月)
http://amzn.asia/0hRxtlm

 

【関連記事】

アゴを引くだけで痛みが消える!身体に起きる4つの変化

足の指を鍛えて悩み解消!木場式「足の指」エクササイズ
脚のトラブルの原因究明!木場式「足の指」健康チェック

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング