宮迫博之だけじゃない!40代胃がんを生き抜くための知恵

投稿日: 2012年12月13日 07:00 JST

 

宮迫博之だけじゃない!40代胃がんを生き抜くための知恵

12月7日、雨上がり決死隊・宮迫博之(42)が初期の胃がん手術を受けた。5時間におよんだ手術は無事成功。術後の経過も良好だと伝えられている。42歳、突然の胃がん発見。あなたも例外ではない。急な事態に困惑しないように、本誌は”40代胃がんを生き抜く方法”を専門家に聞いてみた。


胃がんは早期の発見が鍵。検診で発見される胃がんのうち7割が初期のがんだという。『がんサポート』編集長の深見輝明氏は次のように語る。


「胃がんに限らず、がんは自覚症状のない病気。人間ドックなどを定期的に受診するべきでしょう。最近は技術が発達して胃カメラの検査が楽に受けられるので、胃カメラもオススメです。日常生活では、昔からいわれていることですが塩けものの過剰摂取は避けるなど、食生活に気をつけることが大切です」


それでもがんになってしまったらどうすればいいのか?医療ジャーナリストの鳥集徹氏は、病院選びのポイントをこう解説する。


「まずはがん診療連携拠点病院かどうか。国で指定されたがん拠点病院は全国に397あり、『がん対策情報センター』のHPで確認できます。がん拠点病院には、がん相談支援センターがあり、無料で相談にのってもらえます。次に手術件数。最低でも100例の実績がある病院を選んでください」


よりよい治療を受けるには、ほかの医者の話を聞くのも大事だと鳥集氏はいう。


「診療を受けたい先生を見つけたら、主治医の先生に積極的に相談すべきです。最近では学閥の壁が低くなっていて患者さんが希望すれば、他大学の先生の紹介状も書いてもらえます。また、別の専門医の意見を聞くセカンドオピニオンも有効です」


いざ手術、入院となったら費用はいくらくらいかかるのか?保険ジャーナリストの垣畑光哉氏はこう話す。


「一般的にいってがん治療には、高額療養費制度が適用されます。ですからどんな治療をしても、健保適応の範囲なら患者の負担は月に8万円ちょっとで抑えられます。初期の胃がんにかかった場合に、入院期間を20日前後とすれば、初期費用は40万円程度みておけばいいと思います」


胃がんは早期治療を施せば5年生存率は98%以上というデータもある。働き盛りの40代。もしがんが見つかったら、これからの人生のためにも、しっかりと治すために手間を惜しまぬよう努めたい。


(週刊FLASH 1225日号)

 

【関連記事】

宮迫博之 がん早期発見の陰に「友人プロデューサーの急逝」

がんになる前に乳房と卵巣を切除した女性が語る「リスク低減手術」とは?
小さじ1杯の血液で”がんの可能性”を発見する「最新検査方法」

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング