首にねぎ、卵酒…実は間違っていた「日本の風邪民間療法」

投稿日: 2013年01月24日 07:00 JST

 

「現役医師として医療に従事する傍ら、民間伝承的な知識の真偽を検証していますが、医学の進歩・発展とともに、これまで常識と思われていた風邪に関する知識のなかには、実は医学的に間違って

いたと考えられるものに多々遭遇します」


と語るのは、医学博士で医療ジャーナリストの森田豊さん。おばあちゃんから教わった、あの方法は間違っていた?「日本の風邪民間療法」を、森田先生にチェックしてもらった。


〈風邪をひいたらねぎを首に巻くと治る〉


「ねぎの白い部分は漢方でも風邪に効果があるといわれています。辛み成分アリシンには血行促進や疲労回復効果もあり、葉の部分はβカロテンも豊富。ねぎが風邪に効果的な食品であることは間違いないですが、首に巻いても成分が皮膚を通して、血液中に吸収されるとは考えられません」(森田先生)


〈風邪をひいたら卵酒が効く〉


「お酒に含まれるアルコールは、粘膜を乾燥させたり、炎症を拡大させたりと、風邪にいいことはないです。寝付きをよくする程度の量ならともかく、多量の摂取はむしろ風邪による炎症を悪化させます。卵はタンパク質が豊富なので、以前は栄養補給に効果的と考えられていたのでしょう」

 

【関連記事】

大腸がん「ステージ4の生存率高い」全国がんセンターTOP3

一番地味だったビタミンDに新発見!その驚くべき効能とは…
血液検査だけでガンを発症前に消滅させる「超早期発見法」

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

“好感度1位”俳優パク・ボゴム 謙虚すぎる受け答えにウットリ2017.12.05

最旬スターのインタビューをお届けするK☆STAR LOVERS。今回のゲストは、今、韓国で最も愛される俳優のパク・ボゴム(24)。'16年に韓国で放送され、最高視聴率25.3%を記録した時代劇『雲が描...


ランキング