原因は身近なところに…実は知っておきたい現代病2

投稿日: 2013年02月15日 00:00 JST

「病気の名前は時代によって変わってきます。がつて血を吐くまでせき込んで死んでしまう重い病いを『労咳』と呼んでいました。これは『結核』のことで、ヨーロッパでも原因がわかるまで強い伝染性と致死率が恐れられ『白いペスト』と呼ばれていました。現代でも病名はどんどん変化し続けています」と語るのは医学博士の中原英臣先生。

こんな病名があるのか?と驚くような、しかし今、知っておきたいという現代病をここでは紹介する。
なかには深刻な症状のときもある。どんな病気かを知り理解を深めていくことが大切だ。


〈インターネット・レイジ〉ネットサーフィンにはまりすぎてかかる人が増えている病的症状。ネットでのちょっとした情報に激怒して過激に反応するようになる。怒りをためた状態は心身に大きなダメージを与えるので注意。またストーカーや暴力に走る可能性も指摘されている。

〈おうむ返し症候群〉美容ファッション系のお店やコンビニなどでは店員に、1人が「いらっしゃいませ」などの声を発した場合、ほかのスタッフも同じように声掛けするよう接客マニュアルが徹底されているところが多い。おうむ返し症候群はそんなショップスタッフがオフ日に自分が客として出かけた先でも「ありがとうございました」という声が聞こえると、続けて言ってしまうちょっと悲しい症状。

〈猫ひっかき病〉猫の持っている菌が原因で起きる病気。猫から猫に伝染するが猫に症状は出ない。口腔粘膜や目ヤニなどに菌が存在し、猫に噛まれたりひっかかれてから10日ほどで、発熱、吐き気、関節痛などの症状が。傷に近いリンパ節が腫れることもある。ペットを飼う人が増えるのに伴い、この病気も急増中だという。

〈伝染性職業用語症候群〉仕事にどっぷり漬かって無意識に専門用語でしゃべってしまう人が増えている。ちょっと難がある人のことを見ると「ウロコな人」と言ってしまうOL(某業界でマイナス帳簿に△を記入するのでこんな表現が)、飲み会に遅刻した友人に「だからバッファー(余裕)を持って時間を決めようって言ったのに」という広告業勤務なども。心療内科では病名がつくという。

【関連記事】

ぜんぜん頑張らずにできる! 40代から始める「超簡単うんどう」

ストレスに紫外線…生える場所で予測「白髪の発生原因」
大橋未歩アナで注目の「若年性脳梗塞」医者が教える前兆

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング