ブロッコリーのがん予防効果高める食べ合わせ食材3

投稿日: 2013年03月08日 07:00 JST

「ブロッコリーには、すごいがん予防効果がある」という研究報告が数多く発表され、この10年ほどの間に、がん先進国であるアメリカをはじめ世界中から注目されるようになった。ブロッコリーを摂取することで、体内の免疫力、抵抗力を強くして、効果的にがんを予防できることがわかってきたのだ。

 

さらに、ブロッコリーの成分スルフォラファンには発がん物質を解毒する作用があることがわかり、がん予防野菜としてゆるがぬポジションを獲得することに。この発見により、アメリカ国立がん研究所の「がんを予防する効果のある食品」というフードピラミッドのトップグループに、ブロッコリーが一躍仲間入りをはたした。

 

ここでは、そんな“究極のがん予防食材”ブロッコリーの健康効果をより高める食材3つを紹介する。

 

1 くるみ

くるみのビタミンEが、細胞を傷つけ老化の原因となる活性酸素を撃退。老化と体のサビつきにストップをかけてくれる。β-カロテンやスルフォラファンの吸収効率もぐぐっとアップ。

 

2 豆腐

ブロッコリーのビタミンA&Cと、女性ホルモンのような働きをするイソフラボンの相乗効果で、肌の水分と弾力アップに効果的。更年期障害の症状予防&美肌をづくりに◎。

 

 

3 じゃがいも

じゃがいものカリウムが高血圧や動脈硬化を予防。食物繊維も多いため、便秘の改善にも。

 

【関連記事】

いっしょに摂ると”大損”してしまう「新・食べ合わせリスト」

食材の潜在能力を最大限発揮させる「体にいい食べ合わせ」1
健康食品×薬「飲んだら飲むな」の組み合わせ その1

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング