更年期の怒りを抑える対処法「直後45分間が勝負」

投稿日: 2013年06月22日 07:00 JST

「更年期を迎えると、ホルモンのバランスが崩れて情緒不安定になりイライラすることが多くなるといわれています。また年齢的に体力も低下し、『前はできてたのになんで?』と、自分の変化を受け入れられず、もっとイライラが増すことがあるようです」

 

と語るのは『精神科医が教える「怒り」を消す技術』の著者で、精神科医の備瀬哲弘先生。イライラはやがて怒りになり、その矛先は「概して、身近な家族に向けられることが多い」という。では、そんな家族の危機を避けるには、どうしたらよいのか? 備瀬先生は、怒りが頂点に達した直後の[45分間]が勝負だといいます。

 

「この時間帯が運命の分かれ道です。ここで、さらに怒りに火がつくと、他者への攻撃的な言動や八つ当たりが始まります。とにかく、怒りを感じた事柄から気をそらし、時間を稼いで逃げ切るのが得策です」

 

さっそく、その怒りをクールダウンさせる対処法を先生に教わっった。

 

【1 家事で体を動かす】鍋やフライパンをごしごしと洗ったり、掃除などでとにかく体を動かす。

 

【2 好きな香りを嗅ぐ】好きなアロマオイルを染み込ませたハンカチを鼻と口にあてて、ゆっくりと3回深呼吸。

 

【3 好きな音楽を聴く】リラックスできる姿勢で、お気に入りのCDを1枚通して聴いてみる。

 

【4 冷水で顔を洗う】冷水でバシャバシャと洗った後は、「ふぅ~」っと大きなため息を。

 

【5 速歩でウオーキング】家から出て、速歩で歩く。ペットが一緒だとさらによい。

 

【6マッスル・リラクシング】(A)両腕を垂らしたまま両肩を上げ、両手のこぶしを力いっぱい握りしめ、両肩から両腕に力を込める。息は止めた状態で10秒キープ。(B)体の力を一気に抜く。同時に口をすぼめて、ゆっくりと息を吐き出す。(C)両腕を垂らしたまま両手のこぶしだけを力いっぱい握りしめ、息は止めた状態で10秒間キープ。(D)体の力を一気に抜く。同時に口をすぼめて、ゆっくりと息を吐き出す。弛緩する筋肉に意識を集中すること。

 

【7瞑想】(A)目を閉じて、口からゆっくりと息を吐き出す。おなかがぺしゃんこになるようなイメージで。(B)鼻からゆっくりと息を吸う。そして胸、おなかがぱんぱんに膨らむようなイメージで息を吸う。(C)(A)の呼吸をくり返す。息を吐き出すときに、「リラックス」「怒りを捨て去る」「穏やかな心に戻る」と心の中で唱える。

【関連記事】

更年期の“怒り”回避法「夫や子供たちに説明を」

“怒り発散”が長寿の秘訣!海外で大ブームの珍サービス
青木隆治が“モノマネ”を封印!? 司会業に本気で挑戦するその訳は?

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

3分で種明かし!マッチが再び燃える仰天ハロウィンマジック2017.10.24

「ハロウィンでどんな仮装をしてまわりのみんなを驚かせようか」と考えているあなた!マジックを使って、さらに驚かせてみてはいかが?当日までに仰天のハロウィンマジックを覚えて、ワンランク上の夜を楽しもう! ...


ランキング