子供の野菜嫌い克服法「絵本をきっかけに食べるように…」

投稿日: 2013年10月23日 07:00 JST

「ある絵本をキッカケに、それまで野菜嫌いだった息子が、進んで野菜を食べるようになったんです」

 

と話すのは、俳優の金子貴俊さん(35)。今でこそ、喜んで野菜を食べるようになった息子の颯良(そうら)くん(4)だが、2年前までは、どんな野菜にも手が伸びず、パパ&ママを困らせていたそう。

 

そんなとき、妻の美保さん(32)が買ってきたのが、絵本『おやおや、おやさい』(福音館書店)。野菜たちによるマラソン大会の一部始終をユーモアたっぷりに描いたストーリーの絵本だ。

 

「きゅうりはきゅうにとまれない」など、韻を踏んだコミカルな文章を読み上げると、颯良くんは大喜びしたという。そして、この本を毎晩、金子さんが寝る前に読み聞かせているうち、次第に颯良くんに変化が出てきたそうだ。

 

「スーパーに買い物に行くと、今まで食べなかったピーマンやパプリカなどを自分で持ってきて、『買って!』と、カゴに入れるようになったんです。絵本のキャラクターたちを等して、野菜に愛着が湧いてきたんでしょうね」(金子さん・以下同)

 

それまでは、野菜がわからないよう、刻んでハンバーグに混ぜるなどしなければ食べてくれなかった颯良くん。それが絵本のおかげで、そのままの形で野菜を出しても嫌がることなく、食べてくれるようになった。

 

「トマトときゅうりは、とくに大好きになりました。でもじつは、この2つは僕の好物でもあるんです。だから、サラダに盛られているときは、お互い取り合いですよ。いつも息子がほとんど食べて、夫婦で残りを分け合うという結果になっています(笑)」

 

なお金子家では「これを食べなきゃダメ!」といった、ネガティブな食育はしないのが原則。その代わり、こんな“コント”を繰り広げるのだそう。

 

「嫌いな野菜がお皿に残っているときは、わざと『そうちゃん、これ食べないよね~?』とカマをかけるんです。妻もノってきて『食べないでしょ~』と、両親でワイワイ言い合う。そうすると『ぼく、食べれるよ!』と言って、パクッと食べてくれるんですよ(笑)」

【関連記事】

ラジオ界で驚異の知名度「あなたの肉野菜」知ってますか?

安心、安全で新鮮な野菜が魅力“農家民宿”のススメ
ゴマの抗酸化物質が体力&気力年齢を若々しく保つ秘訣とは

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング