3児の母・石黒彩 子供の野菜嫌い克服法「気長さが大事」

投稿日: 2013年10月24日 07:00 JST

「わが家の食卓は基本的に大量の野菜を使うんで、そこには小松菜も入ってくるんです。でも、次女にとって小松菜は『食べられるけど、食べなくていいなら、食べたくない』という感じの野菜でした。そこで、だったらいろいろやってみたいなと思って」

 

野菜ソムリエの資格を持つ石黒彩さん(35)。石黒さんの場合、子供が苦手な野菜を無理に食べさせることはけっしてしないという。

 

「『絶対に食べさせるぞ!』みたいに、母親が変に構えすぎると、嫌いなものがもっと嫌いになってしまうと思うんです。そこで、小松菜だったら、初めのころはおひたしとかごまあえとか、いろんなメニューを作って、毎日、その子の取り皿に必ず取り分けるようにしました。残しても、くじけず、次の日もお皿に取り分けて(笑)」(石黒さん・以下同)

 

手をつけないからといって「また残して!」とか「食べなきゃダメだよ」などと、子供をしからない。

 

「言いすぎたり、視線でプレッシャーを与えたりすると逆効果。1年後に食べられるようになったらラッキー、くらいに気長に構えるんです」

 

1年どころか、大人になれば食べるようになる、そのくらいの気持ちで子供の苦手意識と向き合っている。また、子供といっしょに買い物に行くというのも、石黒さん流の苦手克服作戦のひとつだという。

 

「たとえば、ピーマンが苦手な子だったら、八百屋さんに行ったとき、その子にピーマンを選ばせるんです。お店のおじさんやお兄さんって、優しいでしょ?だからその子に『センスあるなあ、選んだのは、店でいちばんいいピーマンだよ!』なんて言ってくれるんです。そうすると、食べてくれたりするんですよね」

 

現在、3人の子の母親である石黒さん。子供の好き嫌いをなくすには、親がおいしく食べる姿を見せることで、子供に「これ、おいしいんじゃないか?」と思わせることが大切だという。

 

「本来、ご飯の時間は楽しい時間です。お母さんが般若みたいな顔をして食卓に座っていたら、おいしいものもおいしくなくなっちゃいますよ。みんなでニコニコ食べる、それが偏食を避けるにはいちばんですよね」

【関連記事】

石黒彩 夫と別居7年目も、娘のハレの日は親子3ショット

子供の野菜嫌い克服法「絵本をきっかけに食べるように…」
安心、安全で新鮮な野菜が魅力“農家民宿”のススメ

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング