「糖質制限には卵かけごはんを」と専門家が語る理由

投稿日: 2014年02月17日 07:00 JST

話題の「糖質制限」。いまやダイエットの主流であることは間違いない。しかし、学会などでもその是非をめぐって激しいバトルが勃発。先日も「糖質制限を5年以上続けると死亡率が高くなるようだ」という説が報道されるなど、議論は白熱している。

 

糖質制限したほうがいいのか、やめたほうがいいのか。情報が飛びかっていて、混乱してしまう!いったいどうすれば?そこで今回、順天堂大学教授・小林弘幸先生が、それぞれの言い分を比較、解説してくれた。

 

「まずは“反対派”。実は、日本糖尿病学会は昨年、『糖質制限食は勧められない』と表明しています。極端な糖質制限はタンパク質や脂質の過剰摂取を引き起こし、かえって太りかねないとのこと。2型糖尿病の発症リスクも上昇することを懸念しています。やはり、ダイエットについては摂取カロリーの制限が一番……というのが、反対派の見解です」

 

対して“賛成派”は、「糖質こそが肥満のもと」と主張!

 

「糖質を摂りすぎるとたくさんインスリンが分泌されますが、これが余った糖を脂肪に変えてしまうため、糖の摂取を控えましょうというのです。さらに、糖を使い果たすと人体は脂肪を分解し、“ケトン体”という代替エネルギー源を生み出すことに注目。『糖質制限こそが、痩せやすい体を作る』という意見です」

 

これに対し、反対派は「一時的にはダイエットになるかもしれないが、ケトン体がたまると疲れやすい体になる」と、一歩も引かない。ほかにも、「糖質制限による脂質やタンパク質の過剰摂取は、動脈硬化や腎機能障害の悪化にもつながる」(反対派)。「糖の過剰摂取こそが、糖尿病の原因だ」(賛成派)と、健康面への影響についても、意見が平行している。小林先生は、これらのことを踏まえた上で、次のような提案をする。

 

「糖質制限に関しては、過剰な摂取も制限もしないことが、もっとも現実的でしょう。そこで私がお勧めしたいのは、消化の遅い夜は糖質を控える代わりに、消化スピードの速い朝と昼は糖質OKにすること。同じ量を摂っても夜より太りにくいんですよ」

 

また、朝はすぐにエネルギーとなる糖質が1日のスタートを切るのに役立つという。

 

「私のお気に入りの朝食は卵かけごはんです。卵はすべての必須アミノ酸の必要量を満たす究極の栄養食!脂肪燃焼効果もあるうえに、腹持ちもいいのでカロリーの過剰摂取も防ぎます。なにより、慌ただしい朝でも手軽にいただけることが、魅力です(笑)」

 

朝食をきちんと摂ることは、代謝アップにも効果的!朝の卵かけごはんで、楽しく糖質制限をしてみては?

【関連記事】

辛坊治郎 生レバー販売禁止の次は「卵かけご飯が規制される」

あの大ブームダイエット仕掛け人たちは今
デブ芸人から美女芸人へ…まぁこのダイエットNG習慣10

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング