シリアルよりも玄米を…老けないための「炭水化物の選び方」

投稿日: 2014年06月02日 07:00 JST

ランチや忙しいときの夕飯など、どうしても口にしてしまう炭水化物。でも、コレとコレならどっちが老けない?は気に止めておきたいポイント。知っておいて損はない!

 

《玄米 or シリアル》

ダイエッターが朝ごはんに選びがちなシリアル。実はAGE(終末糖化産物)がたっぷり。シリアルを食べるなら玄米ご飯を軽く一膳のほうが老化防止に。お供には糖質の少ないものを選んで。

 

《カレー or ハヤシ》

ともにごはんをたくさん食べてしまうものなのでおすすめできない。あえて選ぶならカレーを。ハヤシより糖質が少なく、健康効果が期待できるスパイスが豊富に含まれている。

 

《焼きそば or ラーメン》

焼きそばは野菜や肉で栄養バランスがとれそうだが、AGEがたっぷりなので老化促進に。ソースの甘味も糖質を増やす。ラーメン汁に酢を足すとAGEを減らせる。

 

《サンドイッチ or トースト》

トーストの香ばしい焦げにはAGEが。サンドイッチを選ぼう。野菜サンドにするとビタミンやポリフェノールが、ツナサンドならEPAが補え、よりヘルシーに。

 

《ピザ or パスタ》

パスタは調理でAGEや糖質が多くなるもの。迷わずピザを選択。ピザは高音で焼くが調理時間が短いのでAGEもそれほど増えない。クリスピータイプなら糖質も少なめ。

 

《ベーグル or マフィン》

油脂を含まないのでヘルシー志向な人たちの間ではやっているベーグルだが、糖質が多いのでNG。イングリッシュマフィンは軽くあぶる程度に焼こう。サンドするなら野菜をたっぷり加えて。

 

《鉄火丼 or 海鮮丼》

いろいろな栄養がとれそうと海鮮丼を選んだ人は老ける。カロリー、糖質、コレステロールの量ともマグロ赤身のほうが少ないから。鉄火丼には生野菜などをプラスするとバランスがとれる。

 

意外な落とし穴のある、老化食にはご用心を!

【関連記事】

炭水化物ダイエットが引き起こす「死に至る病い」リスク増の恐怖

東大文三に合格した50歳主婦に学ぶ「老けない脳」作り方

主食でなく嗜好品「炭水化物は人体を破壊する」医師の警告

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

水晶玉子さんが語る「物事が大きく発展する“吉兆日”はこの日!」2018.05.09

3年目を迎えた本誌連載『オリエンタル占星術』が大人気の占い師・水晶玉子さん。'17年末に、『水晶玉子縁結び開運バイブル2018』(光文社刊)を出版した記念として、4月16日、都内の光文社にて、水晶玉子...


ランキング