「過剰な美白は高血圧や動脈硬化引き起こす」と専門家

投稿日: 2014年07月07日 07:00 JST

関連キーワード

「一年のうちで紫外線がもっとも強くなるのは、8月ではなく今の時期。美白ブームも後押しして、入念なUV対策をされている方も少なくないでしょう。ところが、これが健康を損なうことにつながっていることをご存じでしょうか?実は、最近、日光の避けすぎによるビタミンD不足の患者が、世界的に増えています」

 

そう語るのは順天堂大学教授の小林弘幸先生。そもそも「ビタミン」が「体内で作れない栄養素」を指すのに対し、ビタミンDだけはそれが可能という変わった存在。むしろ食べ物だけで補うことは難しく、紫外線を浴びることで、皮膚が作られているのだ。そして、極端なUVカットが、ビタミンDの合成を阻止する一因に。

 

「では、ビタミンDが不足するとどうなるのでしょう?血液中のカルシウムが不足して、『低カルシウム血症』を引き起こしてしまいます。すると、今度はその不足を補おうと、骨が溶けてしまうのです!その結果、なんと骨がスカスカに……」

 

その昔、栄養状態が悪い時代に「くる病」という骨が変形する病気が子供に多発したが、ビタミンD不足によって、近年、このくる病が増加しているという。

 

「また、カルシウムは筋肉にも存在。カルシウムが不足すると、血管の筋肉も痛めやすくなるので、高血圧や動脈硬化を発症する引き金にもなりえるのです。皮膚がんのリスクになることから、先進国では紫外線を避ける傾向にありますが、たとえば家から駅までの十数分程度、顔や手に日光が当たる分には心配ご無用。むしろ、その程度の日光浴で、ビタミンDは十分合成されるのです」

 

色の白いはなんとやらだが、過剰なUVカットは血流にも骨にも、あまりよいとは言えなさそうだ。

 

「ただし、裸同然の格好で長時間直射日光にさらされることは、皮膚がんはもとより、シミやヤケドのような日焼けの原因になるので、決してオススメいたしません」

【関連記事】

国民の1/4が高血圧の時代…いま求められている“患者力”とは?

“高血圧”の新常識「40代で低血圧でも要注意」と医師

和歌山の伝承が解明のきっかけ「桃が高血圧の予防に」

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

水晶玉子さんが語る「物事が大きく発展する“吉兆日”はこの日!」2018.05.09

3年目を迎えた本誌連載『オリエンタル占星術』が大人気の占い師・水晶玉子さん。'17年末に、『水晶玉子縁結び開運バイブル2018』(光文社刊)を出版した記念として、4月16日、都内の光文社にて、水晶玉子...


ランキング