肉だと思っていたカップ麺の具材や駄菓子の原料は大豆だった!

投稿日: 2012年10月18日 00:00 JST

image

じつは、昔から身近な存在だった大豆ミート。原料の大豆グルテンは、食感はもとより保存性の高さなどから、カップ麺の”肉っぽい”具や、駄菓子の原材料などにつかわれている。

見た目・食感・味どれをとっても”肉”なのに、その正体はなんと大豆!肉のボリュームと美味しさはそのままで、栄養価もヘルシーさも上乗せしているのが、この話題の「大豆ミート」なのだ。

健康&美容マニアの間では、じわりじわりとキテいる「大豆ミート」。その名のとおり、畑の肉・大豆で作られたお肉そっくりの食材なんです。美味しくて、腹持ちも良く、しかも簡単にカロリーダウンできてしまうので、唐揚げを「大豆ミート」で作ってみたり、本物の手羽先のように甘辛のタレで味付けをして「大豆ミート甘辛煮」を作ってしまう人も!

いわないと、最後までに管と信じて食べてしまう人もいるのだとか。

【関連記事】

魔法の乾物「大豆ミート」販売ページへ!

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

“好感度1位”俳優パク・ボゴム 謙虚すぎる受け答えにウットリ2017.12.05

最旬スターのインタビューをお届けするK☆STAR LOVERS。今回のゲストは、今、韓国で最も愛される俳優のパク・ボゴム(24)。'16年に韓国で放送され、最高視聴率25.3%を記録した時代劇『雲が描...


ランキング