マイノリティ・レポート:ゲイ編⑫

投稿日: 2014年03月21日 00:00 JST

(用語解説)

image

(用語解説)
●Lesbian(レズビアン)―女性の同性愛者。
●Gay(ゲイ)―男性の同性愛者のことを特にゲイと呼ぶ。差別的な響きが含まれていたホモセクシャルに代わってアメリカの同性愛者が使い始めた言葉。
●Bisexual(バイセクシャル)―男性と女性のどちらも、恋愛や性愛の対象となる人。
●Transgender(トランスジェンダー)―身体の性別と心の性別が一致しない人をおもに指す。

【ゲイ→男性の同性愛者】
メディアを通じてみるオネエ・タレントと言われる人たちは、いつも賑やかで明るくて、なんだかとても楽しそう。
けれど、セクシュアリティを個性として発揮できる職業にないゲイは、見た目も話し方も、異性愛の男性とさほど変わりません。
そもそもゲイはみんなが女装するの? みんながオネエ言葉を話すの? 
なぜ男性が好きなの?
これら多くの『?』について、ざっくばらんに語ってもらいます。

【ゲイ編】
<参加者>
Aさん
40代前半 サラリーマンから転職中 彼氏あり 
Bさん
30代半ば サラリーマン 彼氏なし 
Cさん
30代前半 フリーターからプーへ  彼氏あり


■発展場と出会い系アプリ
ゲイはどういうところで彼氏を見つけるの?

――ところで皆さんも発展場に行ったりするんですか?

全員「行かないよ!」

「と、そういうことにしておきましょう(笑)」

――発展場は異性愛でいう、乱交パーティ、ハプニングバーみたいなもの?

「うーん、そんな感じもするし、自分とかは、二丁目に飲みに来て終電を逃したときに利用したりすることもある。仮眠を取るのにね。H目的ではないよ。でも、だいたいはH目的で行く人が多いと思う。だから、ノンケでいうハプバーみたいなもんなんだろうね。週末の発展場とかはすごいよね」

「酒池肉林というときもある」

「暗闇から手が伸びてきたり……。明るいところで見たら、『えーーーっ! ありえない!!』という人にじつは握られていたとか……。そんなホラーなこともあったりして(笑)」

――サウナ施設をはじめ、公衆トイレなども発展場になっていますよね。

「トイレへ行って、隣の人がチラチラ見るから『もしや?』と思っていたら、自分のをしごいていたり……。そういうこともある」

「発展場として有名な公衆トイレだと、あわよくばと下心100%で行く人もいるからね」

――ところでゲイはどういうところで彼氏を見つけるのでしょう? 出会い系のアプリもありますが、やはりそういうので見つけるの?

「僕はゲイの掲示板で彼氏と出会ったよ。ゲイは出会いの場が限られているからね。二丁目のゲイバーで知り合って付き合ったっていうカップルはあまり聞いたことがない。友達に紹介してもらって、というパターンのほうが、多いかもね」

「僕たちはそう。友達主催の飲み会で知り合って付き合うことになった。あとは、僕も掲示板で知り合った人とかかなぁ。地方の田舎になると、掲示板でしかゲイには知り合えない」

「掲示板にしてもアプリにしても、こっちがガチで彼氏を見つけたいと思っていても、相手はそうでないことってあるよね」

――有名な某アプリも、利用はしているけど、付き合うことになったという人の話を聞いたことはないかも。

「僕は彼氏がいるから本気で相手探しをしたりしていないけど、登録はしてる(笑)。メッセージが来たら彼氏と一緒にそれを読んだり」

「僕は会って食事をしたことがあるよ」

「食事だけで済むの?」

「食事やお茶をしたとしても、体の関係にいくまでのタイプにはなかなか巡り合わないんだよねぇ。写真を見て『タイプ!』と思っても、実際会うと、まったく違う人物が来たり」

「みんな、一番いい表情で撮るから、詐欺画像もけっこうあるよね。僕も出会い系アプリで会ったことあるけど、はっきりと『写真とイメージが違います』と、会ったばかりで早々と帰られたことがある(苦笑)。ゲイはそのへん、すごく割り切るというか、男らしい決断力を発揮するよね」

「会ったばかりでそんなことが言えるなんて、ツワモノ! なかなかはっきりと言う勇気がないから、僕だったらお茶くらいはして、『それじゃバイバイ』から、音信不通という流れにするけど」

「いい感じの子だなと思ってお茶をして、その後、連絡を取ろうとすると、音信普通になる子とか、そういうのはざらだよね。ノンケの出会い系とそのへん同じだよ。自分も向こうもフィーリングがあって付き合うということには滅多にならないと思う」

「身体の関係にはすぐになれても、付き合うまでたどり着く人はわずかだと思うなぁ。求めているものが合致しないことが多いよね」

■ゲイと銭湯
銭湯が好きなゲイって多い。それはなぜ?

――発展場に話を戻しますが、銭湯が好きなゲイって多くありませんか? 休日の過ごし方を聞くと『スーパー銭湯へ行っていた』と、よく耳にします。

「近くにあった時はまめに足を運んでいたかも(笑)」

「たまに行くかな。旅行で行く時はリラックス目的で行くよ」

――リラックス目的でない時もあるんですか? 下心もやはりあるの?

全員「もちろん」

「第一はリラックス目的で、あとは体全体を見て品定めや目の保養をしたり」

「1番はリラックス目的で、2番目に下心」

「一石二鳥というやつ」

――体全体の品定めって、あそこの品定めじゃなくて?

「あそこも見るけど、あそこばっかり見ているわけじゃないよ」

「だいたい、こっち系(ゲイ)の人って、目つきでわかってしまうよね。チラ見しているつもりで、ガン見(笑)」

「うそ! 気をつけないと!!(笑)」

――銭湯が発展場になっているところもあるみたいですね。

「行ってみたら、ほぼゲイじゃない? っていう銭湯もあるよね。ほぼ、発展場化してるとこ」

「いい感じに死角があったりするんだよ、そういうところって」

「陰でいかがわしいことをしていて見つかって、問題になったりするところもあるみたい」

「バレないようにすればいいのに」

「それが無理なんだよ。抑えられなくなる衝動、みたいな(笑)」

「ま、リラックス目的で来ているノンケに、バレない程度にしないとね」

「大きくなったあそこを見せつけている奴とかは、通報すればいいんじゃない?」

――え! そんな状態で見せつけているの? 銭湯で!?

「いるよ、そういう人。それで、見たほうもイヤじゃなければ、手を添えてあげたり。それで済まなければ岩場の陰で……」

「きゃーーーっ!!(笑)」

――男性の性欲は、一度盛り上がると抑えが利かないものなんですね。お風呂の水面に、変なものが……、浮いていたりも…するんですか………………?

「えー、そこまではないと思うけど、ないとは言いきれないかも」

――え………………。レズビアンも身体を見に銭湯に来たりするんですかね。さすがに男性器と違って女性器はひっこんでいるので、性器の品定めはできないとは思いますが。

「そちらの人は全く想像がつかない」

「女性の性欲が男性より激しいものじゃないなら、下心で銭湯へ行く人は少ないと思うけど。うーん、でも、僕もレズビアンのことはわからない」

「そもそも、レズビアンに発展場ってあるの?」

――これらの疑問はいつか開催されるかもしれない、レズビアン座談会で聞いてみようと思います!

***************

司会/日和サクラ

ライター。宮城県石巻市出身。田舎者の好奇心から19歳で新宿二丁目を初経験。ゲイフレンドリーなタイにも在住経験あり。現在は、うけを狙って新宿二丁目在住。界隈の野良猫の世話に精を出し、どの場所にどの柄の猫がいるかをほぼ把握している。

 

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング