ヤリマン=ガバガバ ご無沙汰=蜘蛛の巣!? 使用頻度とアソコの締まりは関係するの?

投稿日: 2014年01月14日 00:00 JST

image

ヤリマン=ガバガバ ご無沙汰=蜘蛛の巣!? 使用頻度とアソコの締まりは関係するの?

「ヤリマン=ガバガバ」「ご無沙汰=蜘蛛の巣が張る」と表現される、女性のアソコとセックスの頻度の関係。初体験ではあんなに痛かったはずなのに、それが快楽に変わるのだから、「する」ほどに伸びていくようなイメージは確かにあれど、本当にそんなに変わるもの?
「『廃用性萎縮』といって、長い間使わないと腟は確かに萎縮していきます。加齢とともにその傾向は顕著で、とくに閉経後は指一本入らないほどの狭さに」
とはケイコ先生。さらに加齢によっても性器は変化し、大陰唇は脂肪が少なくなって平らになり、小陰唇も萎縮していくという。
「だからといって処女喪失を焦る必要もないけれど、張りや潤いを保つという点では定期的にセックスをしておいたほうがいいでしょう」
性器の変化は女の履歴書?

登場人物紹介

image

ケイコ先生

成城松村クリニック院長。歯に衣着せぬサバサバとした物言いで、女性の健康はもちろんのこと、美容、セックス、恋愛相談にまで乗りまくる、頼れるアネゴ系女医。実は松田聖子の大ファン。好きなタイプは生田斗真

image

編集たば

「夜の女性自身」編集担当。女性誌編集とは思えない角刈りのコワモテだが、料理上手で感激屋。バツイチアラ50ながら、かなりの肉食。華麗なる女性遍歴をデコスケに自慢することもしばしば

image

デコスケ

ライター(♀)三十路なかば。健康記事やドキュメンタリーを主戦場としつつも、内面は中2レベルの下ネタや親父ギャグが好きという、やや残念なヒト。そもそも低い女子力が、最近輪をかけて低下中。戦々恐々とする日々

image 今回は、「ヤリマン=ガバガバ」、「ご無沙汰=蜘蛛の巣が張る」といった言い回しの真偽を検証したいと思います(キリッ)。

image

真面目な顔しているけど、下品なこと言っているわよね(笑)。

image というのも、初体験の年齢はどんどん下がっているようなんですが、いっぽうで「セカンドバージン」とか「30代で処女」なんて言葉もよく聞くようになったからなんです。

image 確かによく聞くようになったわね。

image それこそ「蜘蛛の巣が張った」なんて言いますけれど、セックスをしないことによって妊娠とか出産とか、その後のセックスで不具合が生じることってあるんでしょうか。

image 不具合というか……もともと、女性器の色や形は十人十色なんだけどね、加齢や「使用頻度」で差は出るわよ。使っていないと、柔軟性に乏しくなるというか……。

image ワォウ!

image まずは加齢よね。40代後半以降、とくに閉経後は、大陰唇、小陰唇ともに大きな変化が見られます。

image アソコも老いるんですね……。

image 大陰唇は脂肪がメインだから、加齢によって膨らみも減って平らになっていくの。小陰唇も萎縮するし、腟の入口も狭くなるのよね。

image そういう変化も、中高年のセックスレスの一因になっているんでしょうね。

image そうね。そして、注意しなければいけないのは、長くセックスレスが続くと「廃用性萎縮」が起きて、腟が狭く硬くなってしまうということ。閉経後だと指一本、入らなくなってしまうことも。

image 処女に戻ってしまうようなものですね。

image そうね。だから、加齢による性器の衰えを少しでも遅らせるという意味では、定期的に性器は使ったほうがいいとは言えるでしょうね。狭いとか硬いとかいうだけじゃなくて、張りや潤いをキープするためにも、ね。

image セックスの頻度によっても変わりますかね?

image 週に1回ぐらいしていると、柔軟性に違いがでてくるでしょうね。

image 処女の高齢化についてはどう思いますか?

image うーん。別に焦ってしなくちゃいけないことではないと思うのよね。恥ずかしいと思う必要もないし。しないがゆえのメリット……たとえば、性感染症のリスクがない、ということもあるし。だからといって、「しない」と決め付けるのも非現実的。また、「ここまで守ったんだから」と妙にハードルを上げて、それが自分のプライドになるのもちょっとツライと思うなあ。

image なるようになるさ、と。

image そうそう。ただ、加齢によって衰えていくわけだし、定期的にセックスをしていたほうが柔軟性はキープできるよ、ということ。アンチエイジングになるから、セックス経験がある人やパートナーがいる人は、していたほうがお得じゃない?というところかしらね。

image セックスでキレイになるとよく言いますが、腟の若さの維持とも関わっていたとは!

image それから、出産経験の有無も、腟の柔軟性に影響します。

image 当然、出産経験があるほうが伸びている、と。

image そう。自然分娩なら、小陰唇や腟の入口がお産のときに伸びているから柔軟性が出てくるわね。

image 本当に十人十色ですねえ。

image 自分の経験も反映されているのよね。

【関連記事】

30代で知っておきたいテーブルマナー④ 三十路突入、マキ(31)編 その4:生理周期が示す“異常のサイン”?

30代で知っておきたいテーブルマナー⑤ レバー状やピル休薬中の出血、月経にまつわる「あの血」の正体って!?

30代で知っておきたいテーブルマナー⑥ 三十路独女に広がる「性欲なくなった」の謎

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

“韓国で最も有名な日本人”KangNam「日本と韓国の架け橋に!」2018.04.17

今回のK☆STAR LOVERSのゲストは、“韓国で最も有名な日本人”として日本のバラエティ番組でも活躍する歌手KangNam(カンナム・31)。 この日は、ネプチューンの名倉潤と、河本準一(次長課...


ランキング