【対談】ホストが告白!セックスに関するエトセトラ~小ネタ特集 1問1答 第2弾

投稿日: 2013年11月22日 00:00 JST

【対談】ホストコンテスト優勝者がお悩み解決しちゃいます。オトコのホンネはオトコに聞け!

「女心をつかんでモテること」が何より大事と言っても過言ではないホストという職業。そんなホスト業界のコンテスト優勝者、JINにクローズアップ。彼が率いる人気ホストたちと座談会形式で「男のホンネ」を語ってもらいました。どうせ話を聞くならモテ男のほうが絶対にイイ。今回は、男が語る「セックス関連 小ネタ特集」。女の幻想をブチやぶる男のなかの現実……。「同じ相手と何回すると飽きる?」「イケないときは、どんなとき?」なんて素朴な疑問に率直に答えていただきました。「有名人でセックスがうまそうな女性は?」には、「意外とベッキー上手そう」「杉本○さんは絶対ヘタ」なんて回答も。「それ、聞いてどうする?」って質問にサラサラ答えてくれるのは、さすがいつも質問攻めにあっているホストならでは。ホントかよ!? という突っ込みを入れつつ、ぜひともチェキラ!

第11回「ホストが告白!セックスに関するエトセトラ~小ネタ特集 1問1答 第2弾」

image

記者「今週は小ネタ特集の総集編です。“性”に関して中学生レベルの気の迷い的な質問から、中高年のお悩みまで、重要度の大小と質問の順番は全然関係ありません。そっちょくにご回答いただければと思います」

JIN「なんでもどうぞ」

記者「行きます。女性から誘われたとき、セックスしたくない場合はどうしてますか? 彼氏や旦那さんに断られたことがあって、傷ついていて、もう自分から誘えないっていう女性はけっこう多いんですよ」

ギン「ああ~かわいそう」

JIN「ええ~、オレ誘われたことたぶん人生で無いなあ。」

ギン「朱鷺はどうすんの?」

朱鷺「『後でね』って言います」

ギン「やりたくないときって、どんなとき?」

朱鷺「眠たいときですね。あとなんでしょうね、お腹がいっぱいで動きたくないときとかは無理ですね」

ギン「ははは(笑)」

朱鷺「え、結構きつくないっすか?!」

ギン「部活生か!」

記者「で、JINさんは誘われたことがないと」

JIN「たぶんないっすね。そういう性欲の子とはつきあわないからだと思うんですけど。理想としてはこっちが誘いたくなるように努力してほしいです。こっちから誘うから」

記者「それじゃ元も子もないですが……」

JIN「こっちもいい男でいる努力をするので、刺激しあえる関係じゃないと長続きしないと思うんですよ。俺から誘いにいきたいから」

ギン「女から誘うってことは、しばらくやってないんだろうね」

JIN「そうなってる時点でダメなんじゃないですかね。過程を気にせずに瞬間だけでヤんなきゃ! って思ってるから失敗するんであって。マンネリ化してしまうまでの過程がダメなんですよ」

記者「マンネリ化してたら、そこでもうあきらめるしかないと……」

JIN「ホストも一緒ですよね。お客さんを必死に呼んだって、ちゃんといい関係ができてなかったら無意味ですもん。女の子にも都合があって、困ったときに助けあえるような関係性を築けてないと、一方通行になっちゃいます」

朱鷺「ふはははははは(笑)。オレのことかなと思って聞いてます(笑)」

ギン「これあれでしょ? 断られて、心折れてるんでしょ? しばらくやってないから女から誘ったんでしょ?」

記者「頻繁にしていれば、自分から誘って断られてもダメージ少ないと思います。セックスレスのときに誘って、拒否されて落ち込むのは、女性のほうが多いと思います。朱鷺さんの回答に戻りますが、『後でね』って断った後、どうしてるんですか?」

朱鷺「お腹いっぱいじゃなくなれば、やりますね」

JIN「後でっていつ? なんて言われたときにはもう、無理」

朱鷺「それヤバイっすね」

ギン「いやこれたぶん切実な悩みかと……。1番聞きたいんじゃないかな。女性自身の読者さんは」

記者「そうですね」

ギン「ですが、あえて、“聞くな!”と思いますよボクは。開けちゃいけないパンドラの箱。もしそこで向こうがやってきたとしてもそれは義務じゃん。義務のセックスでいいわけ? 嫌ならもうちょい自分を磨く努力したら? 自分を磨くっていうのもあんまり使いたくない言葉だけど。やっぱり、マンネリ化する前の“あの時の気持ち”に戻って、デートするとか、ムードの欠片を探してほしい」

記者「子供がいてデートどころじゃない場合も多いですよ」

ギン「いや、写メでもいいよ。見てみてほら、こんな時代もあったね! みたいな。ちょっと思い起させるようなことをやってみてよ。それが前戯! やりたいなら、その1日を前戯だと思って」

JIN「気持ちの前戯っすか!」

ギン「そう! ただ単に『なんでセックスしないの?』なんて聞かれたら、次の日抱こうと思ってたとしても延期」

JIN「あ、無しじゃないんだ(笑)。延期だなんて優しいね!」

ギン「絶対誘うなって書いといて!」

記者「次の質問いきます。手抜きのセックスと、本気のセックスの違いを教えてください」

ギン「いや、気持ちでしょ」

朱鷺「時間が短いとかじゃないですか?」

JIN「もともと短そうじゃん!」

朱鷺「初めての相手とはちょっと長めに頑張ります」

記者「JINさんはどうですか?」

JIN「いつも本気で、手抜きっす。正直、面倒くさいです」

記者「ギンさんは?」

ギン「まあ入れたら入れたで気持ちいいから」

朱鷺「目をつぶるとかですか?」

記者「え! 目をつぶるって……?」

朱鷺「なんか妄想するとか」

ギン「それ嫌いな相手じゃん!」

朱鷺「いや、手抜きしたいような相手だったら、そのくらいあるかと」

ギン「この質問の意図は何?」

記者「手抜きだったかどうか、見抜くヒントがほしいということです。女性は気になるものなんです」

ギン「わかりやすいとこで言うと、キスの回数でジャッジ」

記者「もっと言うと、最近、彼が浮気してるんじゃないかな? と思ったときに、出てくる質問ですね。確かめたい、という」

朱鷺「浮気してたら逆に手抜きしないかも」

ギン「あ~なるほど!」

記者「それじゃ、時間が短いときは?」

ギン「面倒くさい、単純な手抜きってことでしょ」

記者「時間が短かったとしても、それがイコール『浮気してる』わけじゃなさそうですね」

朱鷺「僕はそう思いますね」

記者「皆さんは、女性がイったかどうかわかる人たちだと思いますが……。どこで判断してますか? 女性側からの意見としては、男はホントはわからないというのが多かったです」

ギン「はあ~?よく言うわ!」

JIN「わかりますよ」

記者「何でわかるんですかね?」

JIN「汗とか。イった女の子めっちゃ汗かきますし」

ギン「ああ、それね」

JIN「あと中の具合が全然違ったりとか」

記者「男性は動いてることが多いのに、わかるんですか?」

JIN「動かない時もあるじゃないですか。サボりで」

記者「それでイかせられるってすごいですね! さすがモテすぎて困ってる皆さんならでは」

JIN「いやいや、マネージャーの話ですよ(笑)」

ギン「声とかはいくらでも演技できるし」

記者「だから男性は騙されてるんじゃないでしょうか」

ギン「一般人男性は騙せるかもしれないけど、そんなものは私は見抜いてますから!」

JIN「さすが兄貴!!!」

ギン「声出してるのと出てるのでは、大きく違いますから。イかせの成田としてはやっぱり」

JIN「声出てるとゆうか、もれてるだよね」

ギン「あと、おっぱいのアレじゃないですか?」

JIN「どうしたんすか(笑)?」

ギン「高揚すると乳腺が張って、多きかろうが小さかろうがちょっと張る。ごまかしようがありません。膣なんていくらでもなるんですよ。おっぱいは嘘つかない。固くなるというか張りが出る」

JIN「なんか本で見たことあるんですけど、人間も動物なんで、興奮したら毛が立つって」

朱鷺「鳥肌みたいなかんじですか?」

JIN「ああうん、かもしんない。下の毛とか立つんだと思う」

朱鷺「へ~、鳥肌みたいな感じ!」

JIN「ああうん、かもしんない」

記者「信じられないですけど」

JIN「それは僕もわかんないっす。本に書いてあったんで。僕は汗で判断ですね。イったふりする女なんて、最悪じゃないですか」

ギン「イかせられない男とやってるってことでしょ? そんなしょうもない男に抱かれてる自分を戒めろ!」

記者「とにかく、皆さんはわかると」

朱鷺「僕ちょっとわかんないですね~。相手を気にしたことないですね」

記者「えっと、演技について、ですが。男性は、演技されたことがないって9割言うんですよ。でも、女性の9割は演技したことがあるんです」

JIN「演技する意味がない!」

ギン「演技するんであれば、膣の開け閉めぐらい練習しないとダメ。俺みたいなひねくれ者もいるから気をつけてください」

JIN「何で練習するんですか?」

ギン「キュウリとか」

JIN「夜ご飯にキュウリがたくさん出てきたら、要注意ですね」

ギン「もろきゅう(笑)」

記者「はい、次。ヘタと言われたとき&上手いと言われたときのエピソードを教えてください」

記者「JINさんヘタくそって言われたことありますか?」

JIN「ありますあります。ムードないね~とかも、よく言われました」

朱鷺「僕、自分勝手って言われたことあります」

ギン「どんなベストアンサーを求めてるんだろうね。俺、マジで上手いらしくって、腕枕でイかせたことあるよ、とか?」

記者「それは単なる妄想ですね」

ギン「恥ずかしくなってきた(笑)」

朱鷺「逆に好きな彼女に上手いって言われるの嫌じゃないですか?」

JIN「上手いとかヘタより、頑張ってるか頑張ってないかのほうが大事ですよね。自分の好きな女がめっちゃ上手かったら、それはそれで引くかも。話し変わりますけど、女性はヘタなほうがいいんすよ」

ギン「素人物のAVが流行る理由の1つがそれだよね」

JIN「育てるじゃないですけど、初々しい感じが世の男のひとは好きだと思いますよ。  中途半端なテクの奴とか演技がヘタなのは1番よくない」

記者「ありがとうございました。女性自身読者の皆様、彼らの回答を参考に、パートナーのセックスをチェックしてみるとおもしろいかもしれません。そして演技をするならバレないように、注意していきましょう。次週は小ネタ特集の総集編です」

JIN

image

全日本ホストグランプリ優勝。
「super star★」オーナー。
『女性自身を見た!』で初回料金メインフロア通常3,000円→1,000円(90分)。VIPフロア→通常10,000円→5,000円(120分)※11月30日まで。新人ホストさんご紹介者大募集。身近にいる素敵な男子をご紹介してくれた方にはシャンパンサービスの特典が。

ラインID: superstarhost
店舗URL:http://superstar-club.com
TEL:03-6457-3722
東京都新宿区歌舞伎町2-38-1三実ビル4F

成田ギン相談役

image

自由気ままな兄貴的存在の最年長。
テンポよく座談会をリードし、読者の質問に的確に回答していく反面、自らの話が時には暴走。
最終的には目からウロコなアイディアを展開。

 

伊織主任

image

温厚な話し方、じっくり考えるときの表情が印象的なイケメンNO.1。
恋愛に対しての柔軟な姿勢と男らしい容姿とのギャップに萌える女性多数。
肉を切らせて骨を断つタイプなため、敵に回すとやっかい。

朱鷺

image

シャンパンコールのMCリーダー。

どんな質問にも答えてくれる優しさレベルはピカイチ。女子からキスしたくなる唇の持ち主。

 

奏優雨幹部補佐

image

ホストの7つ道具(?)であるジャケットを脱ぐ意味のある男。
上腕二頭筋の美しさのトリコになる女子続出

 

 

上野のパンダ芯々幹部補佐

image

いまモテる顔と言えば? 「彼でしょ!」(女性自身調べ)。飄々とした態度で繰り出す切れ味鋭いアドバイスは秀逸

 

 

【関連記事】

【対談】セックスに関するエトセトラ~小ネタ特集 1問1答

【対談】過去、最高のセックス体験を教えてください!
【対談】セックスの前、最中、終わった後で冷めた瞬間。女のNG行動は?

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

“好感度1位”俳優パク・ボゴム 謙虚すぎる受け答えにウットリ2017.12.05

最旬スターのインタビューをお届けするK☆STAR LOVERS。今回のゲストは、今、韓国で最も愛される俳優のパク・ボゴム(24)。'16年に韓国で放送され、最高視聴率25.3%を記録した時代劇『雲が描...


ランキング