【対談】セックスに関する心の傷 第1弾

投稿日: 2013年12月17日 00:00 JST

【対談】ホストコンテスト優勝者がお悩み解決しちゃいます。オトコのホンネはオトコに聞け!

「女心をつかんでモテること」が何より大事と言っても過言ではないホストという職業。そんなホスト業界のコンテスト優勝者、JINにクローズアップ。彼が率いる人気ホストたちと座談会形式で「男のホンネ」を語ってもらいました。どうせ話を聞くならモテ男のほうが絶対にイイ。今回は、男が語る「セックス関連 小ネタ特集」。女の幻想をブチやぶる男のなかの現実……。「同じ相手と何回すると飽きる?」「イケないときは、どんなとき?」なんて素朴な疑問に率直に答えていただきました。「有名人でセックスがうまそうな女性は?」には、「意外とベッキー上手そう」「杉本○さんは絶対ヘタ」なんて回答も。「それ、聞いてどうする?」って質問にサラサラ答えてくれるのは、さすがいつも質問攻めにあっているホストならでは。ホントかよ!? という突っ込みを入れつつ、ぜひともチェキラ!

第12回「セックスに関する心の傷 第1弾」

image

記者「セックスと関係する“心の傷”があれば教えてください。女性と男性では、傷つくポイントが違うと思うので、百戦錬磨の皆さんに若気の至り的エピソードをお聞きしたいです」

ギン「これ聞きたいのかね?」

記者「今週はお一人お一人のお話を、前週よりも掘り下げていければと思います。読者の方から、もうちょっと突っ込んで聞いて欲しいというリクエストがありましたので」

斗真「ボクは田舎だったんで、外で初体験だったんですけど」

記者「外って?」

斗真「公園のベンチと竹やぶ」

記者「どっちですかw?」

斗真「いや、始めフェラチオじゃないですか。それが竹やぶ」

記者「竹やぶスタート」

斗真「中3の秋」

ギン「光輝く竹やぶ」

斗真「キノコ狩りをされて……。そのあと竹やぶから公園に移動してベンチでやりました。夜だったから入れる場所もわからず、模索模索でw」

ギン「で、なにが心の傷なわけ?」

斗真「その女子には童貞じゃないフリしてたんで、慣れている演技に必死で気持ちよくなくて。しかも、向こうは処女じゃないのわかってたから、なんとか必死に頑張って」

記者「かわいそうな童貞w。中3でおさがりを……」

斗真「おさがりっす」

記者「じゃあ彼女じゃなかったんですね?」

斗真「いや彼女です」

ギン「で、なにが心の傷なわけ?」

斗真「それ以降、別れることになりましたね。理由はわかりません。気持ちよくなかったし、わけわからんくて、彼女を置いて帰ったんです」

ギン「竹やぶに」

斗真「竹やぶじゃない。公園っす」

朱鷺「けっこうクソ野郎ですね、斗真さん」

記者「朱鷺くんは何かありますか?」

朱鷺「いや、ボク1つしかないっす。まさかの病気もらっちゃったとき。検査して痛い思いするの自分だったんで。それくらいっすかね」

記者「了解です」

ギン「病気はね、オレ1度もないわ」

斗真「ボクも1回もない」

ギン「持ってそうな女とやらない」

JIN「童貞喪失……オレ誰とやったんだろうなあ」

朱鷺「ボク、めぐみでした」

ギン「え?」

朱鷺「めぐみって子でした」

ギン「知らねーよw」

朱鷺「初めての子だけは名前覚えてます」

記者「ギンさんは傷ついたエピソードありますか?」

ギン「えーっと、昔だけど、音信不通になったことかな。PHSとかポケベルの番号とかが、ウソだったっていう。自分が口説いてセックスしたって思ってたんだけど、逆だったみたいで。喰われてたっていうね」

記者「あー、喰ったつもりが……」

ギン「女子側も喰うってことあるんだなと」

記者「ちょっとホストっぽくていいですね」

朱鷺「逆にやられちゃったんですね。それは嫌っすよね~」

記者「でも前向きな考え方ですね?」

ギン「どういう意味?」

記者「女子は喰われたけども、ギンさんがドヘタクソだったから、もう二度とやりたくなくて違う番号を言ったのかもしれないでしょう」

ギン「あー、やる前から聞いてた番号が違ってたから、最初から喰い逃げするつもりだったはず」

記者「なるほど。でもそんな肉食女子なら、セックスが良ければ2回目を希望しそうですけどね。ホントの番号はコレです!って訂正するとか」

ギン「一応地元で有名人だったんで、1回やっとくか、と思われたんだと思う」

記者「観光スポット扱いされて傷ついたとw」

ギン「ええ、ブイブイ言わしてたんで」

記者「よく病気にならなかったですね~。JINさんはありますか? 傷ついたこと」

JIN「いや、気にしたことないっすね。ヘタとか言われてるかもしんないですけど、性格的に気にしないんで。若いころのセックスなんか、握手みたいなもんだと思ってたから」

記者「それでも病気にならないってすごいですね」

朱鷺「病気! ボクだけっすか!?」

JIN「お前だけだよw。ボクは傷ついたことはないけど、乳首にかなり毛が生えててショックを受けたことはある」

ギン「あー、それあった!」

朱鷺「あと匂いがキツかったりとか」

記者「匂いについて、とにかくずっと厳しいですよね、朱鷺くん」

朱鷺「クサイと、直接的に心が傷つくじゃないですか!?」

ギン「浅~いトラウマってことね」

JIN「乳首の毛だけどさ、あるよね? 俺のヒゲよりある子いるよね?」

記者「それはないでしょう」

ギン「あるある。かたくなに上着を脱がなかった子がいて、やっぱモミたいじゃん、若いころって。だから無理やりさわろうとしたら、その子が『もういいや!』って言ってあきらめたんだよ。で、ガッとつかんだら何かガサガサガサみたいな。すっげー胸に毛が生えてた」

斗真「林?」

ギン「森。まあ暗がりなので見てもないし、素材の悪いニップレスつけてたのかも。そういう人もいるかもしれないっていう都市伝説」

記者「女性は肌がスベスベで、服を脱いだらグラビアアイドルみたいなスタイルじゃないと、トラウマになるって……。男性はセックスに関して自分のことを棚に上げすぎですね」

斗真「いやいやいや! ボク、浅くないトラウマありますよ。男だって傷つきますから!」

JIN「竹やぶでやったお前が悪いw」

斗真「それじゃないです。ホントのトラウマ」

記者「ちょっと言ってみてください」

斗真「初体験のあとだから、まだ中3でした」

ギン「物語テイストw」

斗真「親父の友達に連れて行かれて、墨がバンバン入ったオバハンにヤラれたっていう(涙)」

一同「中3で!」

斗真「あれは、セックスのプロだったのかな。50歳くらいでした」

記者「トラウマですね」

斗真「でもめちゃめちゃすごかったっすね。内容が。とにかくすごかった」

JIN「宇宙だった?」

斗真「宇宙でした。犯されたような感覚」

JIN「お父さんどんな人よw! そもそもセックスで傷つくって、女性だとどんなことがあるんですか?」

記者「たとえば、ゆるいって言われたとか」

JIN「聞かれたことありますね。『私ってゆるい?』みたいな。『いや俺がちっちゃいんじゃないの?』みたいな。どういう意味やねんw」

朱鷺「いやいやいやw」

JIN「そういうとき朱鷺だったらどうすんの?」

朱鷺「『そんなことないよ』って言いますよね。」

記者「優しいですね。皆さん、セックスで女性を傷つけたって自覚したことありますか?」

ギン「やっぱ中折れしたらそうなんじゃないの? 全員に共通していることが」

記者「そのときは何てフォローしますか?」

ギン「疲れてたからとか、お酒飲んでるからとか。ゆるくてもゆるいって言わない」

朱鷺「クサイって言えないですもんね」

ギン「個性的だね!って言う」

JIN「どうやって匂いかぐの?」

朱鷺「相手に見えないように肩ごしにチェックして、アカンと思ったらもうそこでエッチしなくて、仲直りはできないままバイバイ。ひどいですけどね」

記者「JINさんは傷つけたなっていう経験ありますか?」

JIN「基本セックスなげやりなんで、電話出たりしますし、傷つけたことあると思います」

記者「ひどい」

朱鷺「最中にですか?」

ギン「でも興奮するんじゃないの?」

JIN「本とか読むことありますよ」

ギン「最中にタバコ吸うのはちょっと楽しいよね」

朱鷺「ボク、『ご飯食べてて』って言われたことあります」

記者「え……。もう1回言ってください」

朱鷺「フェラのときに、女の子から『なめてる間ご飯食べてて』って。それが興奮するみたいに言われて」

JIN「なに食べたの?」

朱鷺「カップラーメンでした」

ギン「お前すごいわ。オレは普通に前戯短い、アフターケアが雑とダメ出しされることはあったな。そんなんで傷つかれたら面倒。賢者モード入ってんのに」

JIN「無欲な賢者w」

ギン「性欲がなくなる状態。こっち聖なるものになってるからピロートークは邪念。女性自身の読者の皆さんにわかってほしいですね」

斗真「俺賢者モード長いっすね。1日は必要」

記者「じゃあ傷つくだけ無駄ですね。終わったあとに男性が冷たくても、気にするなと。男性もちょいちょい傷ついていると知れば、女性もナイーブになりすぎないですみます」

JIN「セックスのことで傷つくと、友達にも言えないこととかあると思うんですよ。なんか最後にキレイごとになっちゃいますけど、女性の皆さん、傷ついたとしても悩みすぎないでください。こんな感じで、男のトラウマなんてアホくさいものばっかりですからw。だけど悩みすぎてテンパったら、女性に相談するんじゃなくて男に聞いてもらうほうが良いかと思います。掘り下げてもらいましたけど、たいした内容じゃなくてすみません。次週に期待してください!」

JIN

image

全日本ホストグランプリ優勝。
「super star★」オーナー。
『女性自身を見た!』で初回料金メインフロア通常3,000円→1,000円(90分)。VIPフロア→通常10,000円→5,000円(120分)※11月30日まで。新人ホストさんご紹介者大募集。身近にいる素敵な男子をご紹介してくれた方にはシャンパンサービスの特典が。

ラインID: superstarhost
店舗URL:http://superstar-club.com
TEL:03-6457-3722
東京都新宿区歌舞伎町2-38-1三実ビル4F

成田ギン相談役

image

自由気ままな兄貴的存在の最年長。
テンポよく座談会をリードし、読者の質問に的確に回答していく反面、自らの話が時には暴走。
最終的には目からウロコなアイディアを展開。

 

斗真

image

9頭身の抜群のスタイルに端正な顔立ち。近寄りがたいイメージだけど、どんな女子からも関西弁で爆笑をさらうデキる男子。意外にディープな過去の持ち主でもあり、突っ込みどころ満載なキャラが朱鷺と双璧。真の姿は、普通に優しい男子です。

 

朱鷺

image

シャンパンコールのMCリーダー。

どんな質問にも答えてくれる優しさレベルはピカイチ。女子からキスしたくなる唇の持ち主。

 

【関連記事】

【対談】ホストが告白!セックスに関するエトセトラ~小ネタ特集 1問1答 第2弾

【対談】セックスに関するエトセトラ~小ネタ特集 1問1答
【対談】過去、最高のセックス体験を教えてください!

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング