「冬の乾燥。SOS!」

投稿日: 2012年01月11日 17:00 JST

「冬の乾燥。SOS!」

image

あれ、なんかつっぱってる。洗顔後、いつものように化粧水をつけて、びっくり。お肌に化粧水が入っていかない(>_<)がーん。この時期はいつものお手入れをしていても、乾燥してしまうもの。いつものお手入れ+αが大事なのね。

焦った私がやってみたのが、パッティング作戦。いつもなら化粧水をコットンにつけてささっと顔を拭くところを、手に取る。そして、お肌をパッティング。だいたい、片方の頬、100回くらいかな。少なくても年齢×3回パッティングするといいみたい。手にお肌が吸い付いてくるまでひたすらパッティング。すごく乾燥している時は、何回も化粧水を継ぎ足してはパッティングしてるよ。こんな時は化粧水をケチらない。とにかくお肌を潤わさなきゃね。下から上にリフトアップさせる気持ちで叩き込めば、小顔効果もあるかもね。

image

そして、忘れがちなのが鼻の辺りとおでこの辺り。ここも手の付け根を使って優しくパッティング。化粧水もいいけど、小鼻の脂が効果的。皮脂は天然の美容液。指で小鼻から鼻の頭やおでこの乾燥している所に脂を移しましょ。自分の体の中で脂が調節されて、乾燥肌も脂肌も改善するんだとか。脂取り紙は使っちゃダメ。乾燥しちゃう〜って脳が勘違いして、もっともっと脂が出ちゃうんだって。

できるだけ自分の力を信じて、後は時間をかける。冬こそ自分のお肌と会話するとき。「今日も一日ありがとう」そうお肌に話しかけるだけでも、キレイになれるみたいだしね。

 

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

パク・ボゴム スターダム駆け上がった”アノ時代劇”の舞台裏2017.12.12

今回のK☆STAR LOVERSは、パク・ボゴム(24)のインタビューの後編をお届け! 主演ドラマ『雲が描いた月明り』の撮影中のエピソードをたっぷりと、また、同作で劇中歌を披露したことにちなみ、今後...


ランキング