「盛りつけ上手への道」

投稿日: 2012年03月07日 19:00 JST

「盛りつけ上手への道」

image「なおちゃん、ブログに料理の写真は、載っけない方がいいんじゃない?あんまり美味しそうに見えないよ。」

がーん!

父に言われたこの言葉。確かに見返してみると、どれもこれも大雑把?がさつでどかっと盛りつけられているので、う〜ん、確かに食欲そそられないかも。でも、味は美味しいのよ! こう言っても、信じてもらえない? 自炊を初めて、7年。自称得意料理は肉じゃがとハンバーグ。その意地にかけて、歌原、盛りつけ上手になりた〜い!

 

美味しそうに見えないのは、やっぱり盛りつけが悪いからかな。ささっと料理して、ざっとお皿に入れて、そのまま「ぱちり」。整えないし、お皿に付いたソースも拭かない。それじゃ、いまいちよね。

 

imageまず、お皿選び。料理との対比が大事なんだとか。料理の色が濃ければ白っぽいお皿、料理の色が薄ければ、カラフルなお皿を選んでみる。形も大事なポイント。料理が丸い場合は角皿、料理が角張っている場合は丸い皿だと、バランスがいいんだとか。

 

今度は、盛りつけの量。美味しく見えない理由のほとんどが、盛りつけすぎ。お皿に三割くらい余白が残るように盛りつけてみよう。平べったいお皿なら、中心にまとめて、深いお皿だったら、背が高くなるように盛ると、高級感UP。これなら私にもできそうかな。

 

image細かな盛りつけは菜箸で。ごちゃごちゃっと盛るのではなく、菜箸でバランスをとってみよう。例えば、色の付いたお野菜を散らしてみたり、飾りのカツオブシを中央にキレイにまとめてみたり。ちょっとの差でだいぶ見た目が変わるよ。料理の時に、野菜の大きさを揃えることもポイント。細かな所が大事なのね。上級者は炒める順番にもこだわるそう。色のキレイなパプリカやいんげんは、最後に炒めて色を残す。ポテトサラダや和え物を混ぜる時にも色物は最後ね。

 

プラス1アイテムでポイント作り。もし余裕があったら、緑の葉っぱを飾ったり、大根おろしを添えてみたり、何かプラスするだけで、もっと美味しそうにみえるんだとか。その時のポイントは左に大事なもの、右に添え物(大根おろしやわさびなど)。人の視点は左上から右下に移っていくもの。タイのお頭やキレイな断面は左上に。和え物は取りやすいように(右利きの人が多いからね)、右下に。それだけで、料亭みたい!

 

image料理は心遣い。ちょっとの手間をかけるかどうかが分かれ道なのね。なんだか冷めちゃいそうな気もするけど、美味しく見える盛りつけ、頑張ってみよう! でも、誰かに褒めてもらえないと、やっぱり面倒くさくなっちゃうかも。そうだ! ブログで報告するので、ぜひ、意見ください♪

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

3分で種明かし!マッチが再び燃える仰天ハロウィンマジック2017.10.24

「ハロウィンでどんな仮装をしてまわりのみんなを驚かせようか」と考えているあなた!マジックを使って、さらに驚かせてみてはいかが?当日までに仰天のハロウィンマジックを覚えて、ワンランク上の夜を楽しもう! ...


ランキング