シワ&たるみ目立たない…がっかりしない「自撮り」テク

投稿日: 2015年03月27日 06:00 JST

自分の写真を自分で撮ること=「自撮り」。「そんなの、若いコのやることでしょ?」と人ごとのあなた、ちょっと待った!いま、大人限定のSNSが続々アップ中。「50代以上」など、最低年齢が設定されたサイトで自撮りをアップして、楽しむオトナも急増しているのだ。

 

そうはいっても、若くもない自分の顔。「シワやたるみのドアップなんて……」という人も多い。そんなミドルエージ以降のための自撮りテクニックを、自撮りテク満載のブログが人気のモデル・平塚千瑛(ちあき)さんに教えてもらった。

 

【1】直前目つぶりでパッチリ黒目!

撮る前にまぶたを閉じて10秒待ち、ゆっくりと目を開けた瞬間に撮影すると、瞳孔が開き、パッチリ黒目の写真が撮れる。

 

【2】自然光撮影で若々しく!

蛍光灯のような明るすぎる光は顔に凹凸がなくなり、暗いところでは老けて見える。自然光が最高のライティング。

 

【3】白ハンカチでレフ板効果!

白いもので顔に光を反射させれば、顔色は明るく、表情もハッキリ写る。テーブルや膝の上に白いハンカチを置くだけで、レフ板効果が得られる。

 

【4】前かがみ撮りでサラバ二重アゴ!

二重アゴが気になる人は、上半身を少し前に傾け、アゴをやや上げた状態で撮影すると、アゴのたるみが消えてシャープな印象に。

 

【5】重力を味方にほうれい線消去!

特にシワが気になる人は、ベッドやソファにあおむけになり、腕を伸ばして上から撮影を。ほうれい線やら頬のたるみやらが、どこかにサヨナラ。

 

【6】斜めアングルで目力アップ!

かわいらしさを演出する上目遣い。アゴを引いてしまうと不自然で怖い顔になりがち。スマホをおでこの斜め上あたりに掲げて撮れば、ナチュラルな表情に。

 

【7】小首かしげでナチュラル感アップ!

首を少し旋回するイメージで少しだけかしげると、表情も自然とゆるみ、リラックスした雰囲気を演出できる。真横に首を倒すとブリッコになるので注意。

 

【8】半顔写真でインパクトアップ!

自分の顔の好きな側だけフレームに収めたり、目やおでこなど好きなパーツに寄って撮ったりすると、ちょっとアートで面白い写真が撮れる……かも。

 

【9】視線外しで美人風写真

視線を左右どちらかに外し、その反対側から撮影すると、誰かが自然な瞬間を撮ってくれたかのような写真になる。

 

【10】薄色Vネックで小顔効果!

襟の形がフェースラインを、服の色が顔色を決める。黒い服はシャープだけど顔色が暗くなり、白だと肌色がくすむ。中間色のVネックがもっとも“老け”をごまかせるトップス。

 

千瑛流テクニックで、自分が気に入る自撮りをキメて!

【関連記事】

小顔効果のつもりが老化を促進…こりほぐしケアの間違い5

白髪、口臭、首のシワ…見た目年齢10歳さげるパーツケア法
仁科亜季子 還暦美女の秘訣は“1時間10万円”高級エステ

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

3分で種明かし!マッチが再び燃える仰天ハロウィンマジック2017.10.24

「ハロウィンでどんな仮装をしてまわりのみんなを驚かせようか」と考えているあなた!マジックを使って、さらに驚かせてみてはいかが?当日までに仰天のハロウィンマジックを覚えて、ワンランク上の夜を楽しもう! ...


ランキング