におい、腫れ…加齢による“女性器の症状”に対策はある?

投稿日: 2017年04月26日 16:00 JST

image

 

「熟年離婚した女性が、新しいパートナーを見つけて20年ぶりにセックスしようとしたところ、痛くてまったく入らない−−。最近、そんなお悩みが増えているんです」

 

そう話すのは、美容婦人科治療が専門の喜田直江先生。クリニックでは、膣のゆるみ、大陰唇、小陰唇の大きさなど、女性器にコンプレックスのある女性を診察している。最近では、40〜50代の更年期世代が女性器の“変化”に戸惑い、初めて受診する人が多いという。加齢によって女性器にどのような変化が起きているのか、喜田先生に聞いた。

 

■膣が干からびる“膣萎縮”

 

最近目立つ悩みは、先述のような性交痛だ。

 

「原因は閉経による女性ホルモン、エストロゲンの激減。閉経後は膣の壁が薄くなり、膣内のコラーゲンも減少します。そのため、おりものなどの分泌物が減り、膣が干からびたように硬くなります。すると乾燥して雑菌が増え、かゆみやにおいが出たり、性交痛などの症状につながります。これを『膣萎縮』と呼びます。が、閉経後には遅かれ早かれ、誰にでも起こる症状。膣にかゆみがあったり、膣に指を入れたときに痛みがあれば、症状が進んでいます」

 

少しでも軽くするには、閉経前から日常的にセックスをすること。膣内の血行がよくなり、女性ホルモンのバランスも整って、潤いが保たれるからだ。セックスレスの場合は、自慰行為でも、何もしないよりはいい。

 

「ただ、精神的な満足度が高いほうがホルモンバランスが整いやすいので、やはりセックスがベストです」

 

■デリケートゾーンのにおい、かゆみ

 

「においに関する悩みもあります。膣内は雑菌を排除するため自浄効果がありますが、閉経後はそれが弱まります。そのため雑菌が繁殖しやすくなり、においがきつくなってしまうのです。実は、排せつ物が付着することもあるアンダーヘアは雑菌の温床です。大陰唇回りのOラインの毛をそるか、抵抗のある方は短めにカットするだけでも、においはかなり軽減されます。『アンダーヘアは女性器を守るためにあるからそってはいけない』と言う人もいますが、それは現在のような下着がなかった時代の話です。今は下着が守ってくれるので、なくても問題ないんです。カミソリでそり続けると肌に負担がかかり、黒ずみの原因にもなるので、医療レーザー脱毛がベターです」

 

さらに喜田先生は、入浴時に丁寧に女性器のヒダを洗うように勧める。

 

「閉経後はとくに、できればデリケートゾーン専用の酸性せっけんを使いましょう。膣の中は酸性なので、中性のせっけんで洗うと酸性が保たれなくなり、雑菌が増える原因に。敏感な粘膜に触れるので、天然成分のみが使われた安全なものを選びましょう」

 

アンダーヘアを処理すれば、ヒダの中も丁寧に洗えるうえ、女性器のたるみなどの変化もチェックしやすい。

 

「顔を毎日鏡で見るのと同じように、女性器をもう1つの顔と思い、日ごろからチェックしましょう」

【関連記事】

抜け毛に加齢臭も…アラフォー女性に忍び寄る「オヤジ化」

加齢臭対策に“1日1杯の緑茶と、ミョウバン風呂”
高島礼子 肌ケア、食生活…50歳目前でも“劣化しない”秘訣

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング