イベント満載、絶品グルメ「ローカル市場」がおもしろい! 

投稿日: 2016年11月09日 12:00 JST

image

 

“築地”が移転をめぐる騒動で揺れるなか、地域の市場がひそかに人気を集めているという。地元の絶品グルメに、趣向を凝らしたイベントの数々……。食のテーマパークのように「ローカル市場」は変貌を遂げている。そんなローカル市場を紹介!

 

【黒門市場】大阪府大阪市

大阪の繁華街・ミナミの繁栄とともに歩んできた黒門市場。その名前の由来は、かつて市場の近くにあったお寺の黒い山門。扱う商品は、料亭が使うような高級食材・トラフグから干物までほんとうに幅広い。店先で気軽に食べられる料理なども増え、観光客に大人気になっている。

 

【勝浦・朝市】千葉県勝浦市

安土桃山時代の天正年間からはじまったという勝浦の朝市は400年以上の歴史がある。もともとは地元の人々の物々交換の場だったというだけに、生活に根付いたリアルな暮らしの朝市という雰囲気。漁港に揚がったばかりの魚や朝どれの野菜を、地元の人々と話しながら買えば、心まで豊かになってくる。朝6時ころから11時ごろまで開催。元日と毎週水曜日は朝市が休みなので注意。

 

【柳橋中央市場】愛知県名古屋市

名古屋駅から約5分という交通至便な約4,000坪の土地に300もの店舗がある。「マルナカ食品センター」(中央市場総合食品センター)はその中核となる施設で、4階建てのビルには約50店舗がひしめきあっている。生鮮食品はもちろん、絶品卵焼きやお茶やかつお節など乾物なども充実。また、屋上を使って開催される各種イベントは、いずれも大人気でつねに大盛況となっている。バーベキューイベントでは、市場で買った貝類などを持ち込み、焼いてすぐに食べることができる。

 

【南部市場】千葉県松戸市

松戸市はじめ周辺地域の食を支えているといっても過言ではない松戸南部市場。市場見学会、お楽しみ抽選会、市場祭など、さまざまなイベントをおこない、「一般客に開かれた市場」として、今や全国にその名を知られている。市場内にはすし店やイタリアン、コーヒー店まであり、まさに食と生活のテーマパークだ。

 

ところ変われば、市場も変わる。地域色豊かなローカル市場は、その楽しみ方もそれぞれ。まずは臆せず地元の市場をのぞいてみては?

【関連記事】

堀江貴文が考えるグルメサイトの使い方「食べログは電話帳」

原作者・久住昌之に聞く『孤独のグルメ』の"つぼ"
食べて応援! グルメ有名人がすすめる熊本の美味4

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

“好感度1位”俳優パク・ボゴム 謙虚すぎる受け答えにウットリ2017.12.05

最旬スターのインタビューをお届けするK☆STAR LOVERS。今回のゲストは、今、韓国で最も愛される俳優のパク・ボゴム(24)。'16年に韓国で放送され、最高視聴率25.3%を記録した時代劇『雲が描...


ランキング