あのウニ丼を求めて…ロケ地で味わう『あまちゃん』地元名物

投稿日: 2013年05月11日 07:00 JST

「こんな楽しい朝ドラ見たことない」と日ごとファンを増やしている、NHK朝ドラ『あまちゃん』。とくに“地元名物”の紹介シーンにハマっている人も多いのでは?そんな、誰もが行って食べたくなる『あまちゃん』地元・岩手県久慈市の名物を紹介!

 

まずは『うに弁当』(1,360円)。三陸鉄道久慈駅にある『三陸リアス亭』で買うことができるが、1日限定20食のため午前10時ごろには売り切れるとか。そのほかに、お薦めの『おにぎり』(130円)は、みそ味の焼きおにぎりのなかに梅干しが入っていて、落ち着く味だ。

 

アキ(能年玲奈)が初めて食べたときに、甘いのかしょっぱいのかわからず、微妙な顔になってしまった久慈の郷土料理・まめぶ汁は久慈駅近くの『まめぶ家』で食べられる。黒砂糖とくるみの入った餅“まめぶ”と野菜の入った具だくさん汁は、ドラマで紹介されていたとおりの、甘じょっぱくて優しい味だ。

 

現在、ドラマの舞台『小袖海岸』へは、土・日・祝日はマイカー規制のため久慈駅から臨時バスが運行中。海女さんの実演期間は7〜9月。いまの季節は、残念ながら海女さんは潜っていないが、ドラマと同じように海女さんがイカを焼いて販売している。

 

久慈市観光物産協会が4月から始めたというのが『海女磯ラーメン』(1玉800円、半玉500円)。塩味のあっさりとしたスープに、具は三陸海岸でとれたウニ、ホタテ、エビなどがのっている。

 

最後に紹介するのが、久慈名物の『海女丼』(レストラン山海里・2,980円、手ぬぐい付き)。ボリューム満点のごはんの上に海の幸がたっぷり。手巻き寿司にしたり、ごはんをくずして食べたりと、お好みで楽しめる。また、ごはんのなかに入っている具材を発掘する『琥珀丼』(2,300円、久慈産琥珀ストラップ付き)も人気だそうだ。

 

磯の香り漂う三陸海岸の街、久慈市。あなたも『あまちゃん』の舞台に足を運んでみてはいかが?

【関連記事】

「駅弁」評論家ヨネスケ師匠が選んだ全国「ご当地NO1」弁当

インスタントめん研究32年のプロが厳選「ご当地袋めん」
駅から徒歩30分は当たり前!?「行列のできる僻地グルメ」

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング