味と栄養価を徹底比較…話題の“昆虫食”を食べてみた

投稿日: 2013年06月07日 07:00 JST

先日13日、国連食糧農業機関が昆虫食を推奨する報告書を発表した。地球上には食べられる昆虫が1,900種以上存在しており、世界中100カ国、総人口のやく3割が、昆虫を常食しているという。

 

「昆虫はタンパク質、繊維、脂肪、必須ミネラルが多く含まれている栄養食品で、ダイエットにも向いています。今後予想される食糧危機を生き抜くためにも、ぜひ昆虫食を広めたい」

 

そう話すのは、昆虫食専門家の内山昭一さんだ。そこで今回、味はもちろん、栄養価も含めて徹底的に調べてみることにした。試食したのは、クワガタやススメバチなど15種類の昆虫と、陸貝に分類されるカタツムリの全16種類。調理方法は、素材の味がわかるよう、茹でたり揚げたりとなるべくシンプルにし、味は虫食い芸人の佐々木孫悟空さんと、虫食いライターの朝井麻由美さんに評価してもらった。上位にランクインした昆虫は次の通り。

 

【1位・トノサマバッタ】総合点18・エネルギー量179Kcal/100g(以下同)

【2位・マダガスカルゴキブリ】総合点17・エネルギー量196Kcal

【3位・タイワンタガメ】総合点16・エネルギー量165Kcal

【3位・アルゼンチンモリゴキブリ】総合点16/エネルギー量175Kcal

【5位・タイワンツチイナゴ】総合点16・エネルギー量443Kcal

 

【15位・カイコ蛹】総合点11/エネルギー量100Kcal

【番外編・カタツムリ】総合点18/エネルギー量82Kcal

 

予想に反して高評価だったのは、マダガスカルゴキブリだった。これまでゴキブリだけは食べるのを避けてきた朝井さんだが、「んん……!?これは意外といけるかも。ふわふわした食感で肉厚ですね。まるでムースみたい」とコメント。孫悟空さんによれば、マダガスカルゴキブリは誰でもおいしいと言うらしい。ちなみに、卵があると味はもっとゴージャスになるとか。

ちなみに、同席して試食した本誌記者は、口から虫臭さが3日ほど抜けず、しばらく口内炎で悩まされた。もちろん、もう2度と食べたくない。やっぱり昆虫を常食するのは、なかなか難しそうだ……。

 

(週刊FLASH 6月18日号)

【関連記事】

ゴキブリを焼酎につけて飲むと「まろやかでおいしい」の声

208万部の大規模市場に!子ども向け図鑑が大ブームの理由
”日本一死亡率が低い”長野県で分かった「長寿の秘訣」

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング