日本食こそヘルシーは誤解 専門家が勧める地中海料理

投稿日: 2013年06月07日 07:00 JST

「日本食の場合、世界的にヘルシーだと人気になっています。たしかにカロリーは低いです。ところがもともと塩分が高いため、脳卒中や心筋梗塞の原因である高血圧患者が多いですし、食品のバランスがあまりよくないという側面もあります」

 

こう語るのは、東京大学医学部(国際保健政策学)教授の渋谷健司先生だ。長寿国と思われている日本だが、健康で生きられる期間(健康寿命)を考え合わせて「単純計算すると、日本人は寿命で亡くなる前の10年以上も、何らかの障害や病気に耐えながら生活しているということ」(渋谷先生)になるそうだ。

 

このような調査結果をもたらしたのは、欧米化、生活スタイルの変化、日本食そのものの変化だという。渋谷先生は続ける。

 

「今年の春に発表されたスペインの調査では、あまりカロリーを気にせずナッツと地中海料理を食べる群、オリーブオイルと地中海料理を食べる群と、低脂肪料理を食べる群を比べたところ、地中海料理を食べる2つの群のほうが、心臓病のリスクが30%も下がるという結果となりました」(渋谷先生)

 

地中海料理は世界的にも、健康食として注目されている。管理栄養士で国際薬膳食育師のコーゲヨーコさんはこう言う。

 

「地中海料理で使われるエビやカニ、赤色や黄色のパプリカなど色の濃い野菜にはファイトケミカルという成分が含まれ、動脈硬化、老化やがんの原因となる活性酸素を抑える働きがあるといわれています」

 

また、スペインでの実験ではナッツやフルーツは健康に有意という結果も出たそうだ。ところが日本の食文化の中では、欧米に比べて摂取する機会が少ない、と渋谷先生。コーゲさんも次のように言う。

 

「落花生やアーモンド、カシューナッツは、日本人に不足しているといわれるマグネシウムを多く含有しています。昨年の糖尿病学会では、マグネシウム不足が糖尿病と関係しているのではないかと話題になり、注目されています。また、フルーツに関しては酵素が含まれており、これが血行をよくし、アンチエイジング効果も期待出来ます」

 

日本食中心だから、と安心しないで、地中海料理やナッツ、フルーツにも注目すべき時かもしれない。

【関連記事】

栄養士が実践する「カロリーダウン調理」簡単レシピ3

肉だと思っていたカップ麺の具材や駄菓子の原料は大豆だった!
1位は青学 学食研究家が選ぶ格安絶品学食ベスト5

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング