ナポリタン第一人者はヘミングウェイ!?

投稿日: 2014年04月22日 00:00 JST

「ナポリタンって何?」そんな素朴な疑問から、「ナポリタンの裏ワザレシピ」、「ナポリタンに関するコラム」など……ナポリタンにまつわる豆知識を、ナポ女子がご紹介します!

image

前回は、ナポリタンの歴史を紹介しました。しかし、今回は、なんと!“ナポリタン”の歴史を塗り替える新事実を入手。食通のライター・P氏からのタレコミ情報をもとに、検証してみました。

 

某日、いつものように編集部の皆でナポリタンを食べていると、話しは当然、ナポリタンの話題に。ナポリタンの名店やナポリタンの美味しい食べ方などなど……皆それぞれナポリタンについての談義を繰り広げます。そこで、“ナポリタン誕生”の話しを切り出したのがP氏。P氏は、「ナポリタンの発祥は、実は“横浜”じゃないんだよ。アーネスト・ヘミングウェイが1924年書いた、『われらの時代』の中の『二つの心臓の大きな川』に“ナポリタン”が出てくるんだ。だから、海外発祥だと僕は思うね」と話します。私は思わず耳を疑いました。なぜなら、今まで“ナポリタン学会員”として活動してきて、ナポリタンの誕生について“横浜”以外は聞いたことが無かったからです!

 

これは“新たな大発見になる!”と確信した私は、早速、検証してみることにしました。アーネスト・ヘミングウェイの短編小説『われらの時代』にある「二つの大きな心臓の大きな川(Big Two-Hearted River)」の物語です。同作は、主人公・ニックが、1人でキャンプをして、鱒釣りをするお話。高見浩著の『ヘミングウェイ全短編1』(1995年・新潮社)にある、空腹のニックが調理を始める場面で、

『彼はポーク・アンド・ビーンズの缶詰とスパゲティの缶詰を開け、中身をフライパンに移した。』

とあります。続けて、

『ニックは火の上の焼き網に、フライパンを置いた。空腹がいや増した。豆とスパゲティが温まった。ニックはそれをかき回し、よく混ぜ合わせた。泡立ちはじめたが、細かい泡がやっとのことで表面に浮かぶくらいだった。いい匂いがし始めた。』

と、記されており、ニックが缶詰のビーンズを具材にスパゲティを茹で始めたではありませんか!さらには、

『ニックはトマトケチャップの瓶を取り出し、パンを四枚スライスした。細かい泡は今や、さっきよりも速く沸き立っていた。ニックは火の脇に座り、フライパンを火からおろした。彼はフライパンの中身を半分ばかり、ブリキの皿に空けた。それはゆっくりと皿に広がった。ニックはそれが熱すぎると分かっていた。彼はその上にトマトケチャップをたらした。』

と、描かれています。これは、もしかして“ナポリタン”かも……!?具材が異なるものの、熱したフライパンの上で、“スパゲティをケチャップで炒める”。その調理行程は、まさしく“ナポリタン”に酷似。P氏の話しから、今までの“ナポリタンの歴史”を塗り替える新事実が明らかとなった可能性が大いにあります!

 

そして、作者のヘミングウェイは、アメリカ合衆国・シカゴ近郊生まれであるが、1921年から1928年の間はパリに在住。その間、本作を初め、『日はまた昇る』『男だけの世界』などの名作を刊行している。もしかすると、“ナポリタン”の着想を得たのも、美食大国・フランスがきっかけだったりするのでしょうか……?はたまた、既に母国で食していたのでしょうか……?いずれにせよ、“ナポリタン”は、日本ではなく、異国の地・フランスまたはアメリカで誕生したということが、新たな“ナポリタン発祥説(仮)”に加わることでしょう。そして、この仮説は、ナポリタン学会会長さんに判断を委ねましょう!

 

―次回、会長に結果報告した後日談もお楽しみに!

◯参考文献◯

高見浩『われらの時代・男だけの世界―ヘミングウェイ全短編 1―』新潮社(1995年)

 

今日のヒトミコト『妄想を繰り広げる女性記者ヒトミのTwitter連動コラム』

image今回は、ナポリタン発祥の新たな仮説を発見することができました!ナポリタンの謎はまだまだ深いですね…個人的には、青空の下、キャンプでナポリタンを作って食べてみたいです(笑)。大自然の中で食べるナポリタンは、きっと最高ですよね!これから、行楽シーズンも始まることですし、皆さんも山や川、そしてBBQと一緒に……“アウトドアナポリタン”を楽しんでみてはいかがでしょうか♡

 

 

 

【関連記事】

「ナポリタン」と「トマトソースパスタ」の違いって?

インテリ男子と神保町「さぼうる2」でナポリタンを食べたい♡
年下”癒し系”男子と新宿「星乃珈琲店」でナポリタンを食べたい♡

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング