京都の老舗和菓子店が伝授するシンプルな“お餅”アレンジ5

投稿日: 2016年01月11日 06:00 JST

関連キーワード

image

網で焼いていつものように醤油、あんこを……、でもちょっとお待ちを!今回は正月に食べすぎて、飽きちゃった人でも大満足できちゃう珠玉のレシピをご紹介。教えてくれたのは、創業明治16年、京都の老舗『御菓子司 中村軒』の五代目店主・中村亮太さん。レシピ分量はおよそ1人前です。

 

【なんば餅】中村家の家族に大好評の1品

作り方・1、だしじゃこ(煮干しなど)と昆布で濃いめのだしをとり、薄口醤油少々で味を調える。2、斜め切りのねぎ(1本)を加え(煮すぎないこと)、こんがり焼いた餅(2個)を入れる。好みで山椒または七味唐辛子をふっても。ねぎはたくさん入れるほどおいしい。だしは材料がなければ、好みの和風だし(市販品)でも。

 

【マヨネーズ焼き】和と洋の見事な味のハーモニー

作り方・1、フライパンにマヨネーズ(大さじ1)を熱し、拍子木の形に切った餅(2個)をコロコロ転がしながら焼く。2、仕上げに塩少々をふり、七味唐辛子をたっぷりふっていただく。好みの野菜を添えて。

 

【柚子味噌焼き】焼いた味噌の香りが餅とベストマッチ!

作り方・餅(3個)の片面を焼いたら、ひっくり返して、甘辛の柚子(ゆず)味噌を塗る。2、味噌にほんのり焦げ目がついたらできあがり。肉味噌などをのせてもおいしい。

 

【しろ粥餅】体も心も温まるとろとろの優しい味

作り方・1、しろ粥(がゆ)に食べやすい大きさに切った餅(1個)と塩少々を加えて煮る。2、餅がとろっとしてきたらできあがり。器に盛り、真ん中に大きな梅干しを1個のせる。

 

【おろしポン酢餅】大根でさっぱりと揚げ出し豆腐風に

作り方・1、餅(2個)を半分に切り、全体にかたくり粉をうすくまぶし、油で揚げ焼きにする。2、器に盛り、大根おろし、刻みねぎ(青ねぎ)をのせ、ポン酢をかけていただく。好みで唐辛子をふる。

 

ひと手間で、見慣れたあの白いやつが大変身!このサプライズな味をご賞味あれ。

【関連記事】

「12軒の撮影のため200軒回る」『孤独のグルメ』制作スタッフの苦労

少年たちの胃袋を 魅惑するB級グルメ、 「函館シスコライス」をぜひ

しらすトースト、かき氷…綾瀬はるかも食した『海街』グルメ

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

水晶玉子さんが語る「物事が大きく発展する“吉兆日”はこの日!」2018.05.09

3年目を迎えた本誌連載『オリエンタル占星術』が大人気の占い師・水晶玉子さん。'17年末に、『水晶玉子縁結び開運バイブル2018』(光文社刊)を出版した記念として、4月16日、都内の光文社にて、水晶玉子...


ランキング