『信長のシェフ』玉森裕太おすすめ“鮎料理”の作り方

投稿日: 2013年03月08日 00:00 JST

image


Kis-My-Ft2の玉森裕太(22)が主演を務めるドラマ『信長のシェフ』(テレビ朝日系・金曜23時15分~、一部地域放送時間が異なる)。


戦国時代にタイムスリップしてしまったフレンチシェフのケン(玉森)が、織田信長の料理番となり、当時では考えられない現代の料理法を使って感動の料理をふるまう異色時代劇で、毎回登場する料理を「食べてみたい!」というファンの声も。


そこで玉森に劇中に登場した料理からおすすめを教えてもらい、そのレシピを入手!(レシピ提供:辻調理師専門学校)


【鮎のフリット 木いちごのソース】

「鮎が大好きなので、いちごのソースと合わせるとどんな味なんだろうと興味が沸いて。劇中で、浅井長政も『少し苦味のある鮎に甘酸っぱいソースが混ざって非常に美味い』と唸ってました」(玉森)


●材料(4人分)

鮎…4尾  小麦粉…適量  塩、揚げ油 ≪木いちごのソース≫フレッシュフランボワーズ(いちご、冷凍フランボワーズでも)…50g  シェリー酒酢(米酢、ワイン酢、りんご酢でも)…10ml  オリーブ油…50ml  塩、こしょう


●作り方
 

 

  • 鮎は洗い、水気をよく拭き取る。

  • ①に小麦粉をつけ、160℃の油で中まで火が通るくらい揚げて取り出す。さらに180℃の油でこんがりと揚げ、取り出して塩をふる。

  • 木いちごのソースを作る。裏ごししたフランボワーズ、シェリー酒酢、塩、こしょうを混ぜ合わせ、オリーブ油を少量ずつ加えながら混ぜる。

  • 器に③を流し、②を盛り付ける。

 

【関連記事】

『信長のシェフ』で玉森が作った激旨リゾットを自宅再現

ドラマ『dinner』から”ごぼうとささ身のまかないパスタ”レシピを大公開
有名中華総料理長の「マルちゃん正麺」“高級”アレンジ

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング