混ぜるだけ!どんな料理の味も決まるタレの黄金比率は

投稿日: 2013年04月01日 07:00 JST

「料理の味つけを成功させる秘訣は、料理に取りかかる前に『ゴールの味』を自分で決めておくことに尽きます。そこが定まらないと、いつもなんとなく味つけし、仕上がっても美味しいのかよくわからない、となりがちなんです。まずはこの点をしっかり押さえることが大切です」

 

そう話すのは、白金高輪にある『キャーヴ・ドゥ・ギャマン・エ・ハナレ』、『オー・ギャマン・ド・トキオ』などのオーナーシェフ・木下威征さん。忙しい、疲れた、そもそも料理の味つけに自信がない!こんなとき、”どんな料理もコレひとつで美味しく仕上がる”万能調味料があったら……。そんなあなたに、木下さん流『超簡単・黄金比率の万能ダレ』の作り方と、万能ダレを使ったレシピをご紹介。

 

【万能ダレの作り方】

麺つゆ(濃縮タイプ)大さじ6、豆板醤大さじ1、ごま油大さじ1を混ぜ合わせる。この比率で多めに作って冷蔵庫で保存しておけば、1カ月程度はもつ。

 

【万能ダレを使ったレシピ1・からあげ】

材料/鶏もも肉…1枚。万能ダレ…大さじ4。しょうが・にんにく(ともにすりおろし)…各小さじ1。片栗粉・サラダ油…各適量。レモン…適宜。作り方/1.ボウルに、万能ダレ、しょうが、にんにくを入れて混ぜ、食べやすく切り分けた鶏もも肉を10〜15分漬け込む。2.1に片栗粉をまぶして油で揚げ、器に盛り、レモンを添える。

 

【万能ダレを使ったレシピ2・きのことたけのこの炊き込みご飯】

材料/米…150g。鶏ガラスープ…150cc。万能ダレ…小さじ2。まいたけ(小房分け)…50g。たけのこ水煮(薄切り)…40g。木の芽…適宜。作り方/1.米は洗って炊飯器に入れ、鶏ガラスープ、万能ダレも入れてざっと混ぜる。2.1にまいたけとたけのこを散らして、普通に炊く。3.器に盛りつけ、木の芽などを添える。

 

「楽に味は決めたいものですよね。そんなときにこの万能ダレを使ってほしいと思います。めっちゃくちゃ(料理が)楽なので(笑)。麺つゆベースに、豆板醤とごま油で味わいに深みを出したのがミソで、定番の和食もパンチのきいた仕上がりになるし、中華も当然いけます。きっと手放せなくなりますよ」(木下さん)

【関連記事】

『信長のシェフ』玉森裕太おすすめ“鮎料理”の作り方

料理研究家・森崎友紀の“コンビニ商品ひと手間アレンジ”
有名中華総料理長の「マルちゃん正麺」“高級”アレンジ

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング