【バンコク情報】デパートにある日本食レストランをご紹介

投稿日: 2010年04月02日 19:00 JST

タイで続く『日本食ブーム』。
それがステイタスなのかおしゃれなのか単に口にあう味つけなのかは
さだかではありませんが、


大型総合デパートは日本食レストランであふれています!!


その代表なのがバンコクの流行発信地にある『サイアム・パラゴン』と、
ツーリストにはおなじみの『セントラル・ワールド・プラザ』です。


今回は『サイアム・パラゴン』にある日本食レストランをご紹介します。

image

まずはこちら、とんこつラーメンで有名な『桂花ラーメン』。
日本では地域によってなかなか食べられない『桂花ラーメン』も、
バンコクへ行けば手軽に気軽に食べられます。

image

お客さんはほぼタイ人と日本人。
かなりの人気でした。


そのお隣にあるのが『coco壱番屋』。
日本ではリーズナブルなことで知られるココイチですが、
タイでは少々リッチな食べ物になっています。

image

サンプルはこんな感じ。

image

オムレツ・ハッシュ・ド・ビーフ  180バーツ(約540円)
唐揚げカレー           150バーツ(約450円)
サーモン・クリーム・コロッケカレー150バーツ(約450円)


意外なことに日本のカレーはタイで人気があるんです。
航空会社のタイ人クルーが日本のココイチに足しげく通うという話も耳にしました。


そしてそのすぐ近くにある、 『モス・バーガー』。
オープン当初は列をなしていましたがそれも落ちついた感じ。
しかしその人気は衰えていません。

image

そして端っこにある『大戸屋』。
日本とメニューは同じ。お味のほうも同じ。
こちらもタイ人と日本人(と、ときおり西洋人)という客層。



これが『サイアム・パラゴン』のワンフロアにある日本食レストランです。
(厳密にいうともっとあります)


タイ料理の刺激からちょっと離れたい…、日本食が恋しい…、
そんなときにどうぞ利用してみてください。
 

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング