【タイ情報】タイの洪水について⑤

投稿日: 2011年10月27日 00:00 JST

サワッディ・カァ。
洪水の状況が日ごとに変化しています。
10月25日付けの在タイ日本国大使館からの緊急一斉メールを転載しました。
インラック首相の声明です。

バンコク都における降雨・洪水被害に関するインラック首相の声明
(2011年10月25日現在)

25日、20時半より、インラック首相は、バンコク都における洪水被害に関して、テレビで声明を発表しました。
(以下は、当館館員がインラック首相の声明を聞き取ったものの骨子です。声明の正確な内容につきましては、
タイ政府から正式な声明文が公表され次第、改めて確認いたします。)

1.タイの北部から中央部を通って大きな水の固まりが流れてきている。
水の流れのエネルギーは受け止められる能力より大きいため、水はバンコクの内部と外部に侵入する可能性あり

2.洪水による水位は、水をどれだけコントロールできるかによって違ってくる。
また、土地の高低により一定ではない。

3.(バンコク)西部では北から流れてきた水は、ノンタブリー、バンプラットに影響を与えている。
バンコク都は堤防を強化しているが、水は受け止められる能力を超えており、
トンブリ及び周辺地域で平均して50センチの洪水となっている。


4.(バンコク)北部では、流れ込む水は運河の戸を閉めホックワー運河から排出し、
バンコクの中心を流れないよう対処しており、うまくいけば洪水による水位は50センチメートルを越えない。

5.(バンコク)東部では、ラピーパット運河やクロンセープ運河を使って海に流すが、
当初の計画通り進んでも、この地域は他地域より低いことから、洪水の水位は1~1.5メートルが見込まれる。

6.最悪のケースとして、堤防が崩れる、又は、水位が予想を超えるような場合、
バンコクは場所によって高低が異なることから、洪水の水位は10センチメートル~1.5メートルと
なると見込まれる。
政府は影響が最小限となるように努力するが、
本日より国民も万一に備えて財産を高い場所に移して欲しい。

7.水位が上昇する27~31日を臨時の休日とした。他方、洪水対策従事者は引き続き協力して欲しい。
政府は食料品や生活必需品の確保、水や電気の質の確保に最大限取り組む。

8.国民はパニックになってはならないが、同時に万一に備えて欲しい。この危機を乗り越えられると確信している。

在タイ日本国大使館
○領事部
電話:(66-2)207-8502、(66-2)696-3002(邦人援護)
FAX :(66-2)207-8511
○経済部(日本企業支援センター、夜間は上記連絡先に願います)
電話:(66-2)207-8595
FAX :(66-2)207-8517
○日本大使館ホーム・ページ
「タイ洪水被害関連情報」
http://www.th.emb-japan.go.jp/

*************

多くの在バンコク日本人は地方都市や日本に一時帰国しています。
27(28)日~31日まで休日となった企業も多いようです。
津波や突然の洪水と違って時間の猶予がある状況なのでバンコク都内では
土嚢が積み上げられたりと洪水対策に乗り出しているようです。

がしかし、というか、とうとう、というか、やっぱり、というか、
最新の情報で【渡航情報の引き上げ】が発表されました。

【タイに対する渡航情報(危険情報)の引き上げについて】
(2011年10月27日現在)

1.首都バンコク
首都バンコクの危険情報を「渡航の延期をお勧めします。」に引き上げましたので、
緊急の目的・業務の必要などやむをえない事情で渡航される方は、
渡航予定地域の洪水状況の推移に十分な注意を払いつつ、洪水被害に巻き込まれることのないよう
適切な安全対策を講じてください。また、今後、邦人の多数居住する都内中心部においても
冠水・浸水が生じるおそれが高まっていますので、既に滞在中の方は、各種水害(停電・断水を含む)に
備えて備蓄を進めるなど具体的な安全対策を講じて自らの安全確保に努めてください。
更に、都内中心部で冠水・浸水の被害が拡大した場合には、停電・断水、道路の寸断、公共交通機関の麻痺、
衛生面などで大きな支障が生じるおそれがありますので、洪水状況の推移・見通しに十分な注意を払いつつ、
事情が許す限り、早めに国外への出国を含め安全な場所の確保若しくは安全な場所への移動を検討してください。

2.アユタヤ県、パトゥムタニ県、ノンタブリー県、ナコンパトム県及びサムットサコン県

同地域の危険情報を「渡航の延期をお勧めします。」に引き上げましたので、
緊急の目的・業務の必要などやむをえない事情で渡航される方は、
渡航予定地域の洪水状況の推移に十分な注意を払いつつ、洪水被害に巻き込まれることのないよう
適切な安全対策を講じてください。また、既に滞在されている方は、洪水状況の推移・見通しに十分な注意を払いつつ、
事情が許す限り、早めに国外への出国を含め安全な場所の確保若しくは安全な場所への移動を検討してください。

************

<タイおよびバンコクの現在の状況:TATサイトより※一部抜粋
<現況>
昨日10月26日より大量の水がバンコクに流れ込んできています。その水は、
バンコク北部および西部に到達しています。特に、北部のドンムアン地区、サーイマイ地区、
西部のバーンプラット地区、ターウィーワッタナ地区では、影響が拡大しています。

水位が最高時に到達する時間帯には、チャオプラヤー川の水位も上昇し、
王宮や中華街(ヤワラート)を含むチャオプラヤー川岸で冠水が確認されています。

バンコク都庁は即ポンプで川へ水を戻す作業を行っているので、短時間に限られた冠水となっています。
普段と変わらない通行がされています。

<タイ旅行関連情報>
バンコクへ旅行を予定されている皆様は、今月いっぱい洪水の影響が懸念されるため、
10月中の渡航の延期をご検討ください。


2. バンコクへご旅行中の皆様は、チャオプラヤー川岸の観光スポットへの訪問はできるだけ避けてください。

3. 洪水の影響を受けていない地域へのご旅行には、空路をご利用ください。
影響を受けていない地域:
・北部: チェンマイ、チェンライ、ランパーン、スコータイ
・東北部: ルーイ、ウボンラチャター二―、ウドンターニー、ナコンラチャシマ(コラート)
・中部: ホアヒン、プラチュアップキリカーン、カンチャナブリー、パタヤ、チョンブリ、ラヨーン、チャーン島
・南部: チュンポーン、サムイ、クラビ、パンガー、プーケット、スラーターニー、ナコンシータマラート、ソンクラー、サトゥーン


北部や南部、中部、東北部は洪水の影響が出ていないとのことなので
旅行をキャンセルするか否かを考えている方は情報収集をして判断してくださいね。
これから乾季にはいり、タイは旅行シーズンになるので通常通りの観光が楽しめると思います。

現地の人の話を聞く限りでは、バンコクは月末~来月中旬まで洪水の影響が出そうな雰囲気でした。
多くの人が殺到したためスーパーマーケットでは飲料水や食品が不足しているとのこと。
バンコクに限っては11月中旬までの旅行は慎重に検討したほうがよさそうです。

ではまた何か大きな動きがあったら更新したいと思います。

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

“好感度1位”俳優パク・ボゴム 謙虚すぎる受け答えにウットリ2017.12.05

最旬スターのインタビューをお届けするK☆STAR LOVERS。今回のゲストは、今、韓国で最も愛される俳優のパク・ボゴム(24)。'16年に韓国で放送され、最高視聴率25.3%を記録した時代劇『雲が描...


ランキング