【タイフェス】東京・大阪・名古屋のタイフェス情報

投稿日: 2012年05月21日 00:00 JST

週末19日、20日は、大阪でタイフェスティバルがありました。
お天気にも恵まれ、大阪もかなりの賑わいを見せたのではないでしょうか?

ワタクシメは2週連続で代々木公園へ行きました。
東京では19日、20日『ジャマイカフェスティバル』があったからです。
タイフェスと明らかに違う客層でした。
規模はタイフェスと比べると小さいのですが、ジャマイカやレゲエを愛する人たちが
集まっているので、濃い~雰囲気をつくりあげていましたよ。


image
ちらっとその様子をば


実行委員の意思で東北支援もしておりました。
こういう『想い』や『人とのつながり』が感じられる支援はとても嬉しく感じます。
被災地出身の者として。

で、来週26(土)、27(日)は『ラオスフェスティバル』があります(代々木公園)。
タイのお隣の国『ラオス』。料理も言葉もひじょうにタイと近いので、
興味のある方はぜひレジャーシート持参で代々木公園へ!

そして忘れちゃいけない!! 名古屋ではこの日、タイフェスがあります!


<タイフェスティバルin名古屋2012>
◆日程:2012年5月26(土)~27日(日)
◆時間:10:00~20:00
◆場所:久屋大通公園久屋広場(名古屋市中区)

(ステージ出演者リスト)
GOLF(タイアーティストライブ)
 平安桜(楽器演奏(三味線+オカリナ))
 OS☆U(ダンスパフォーマンス)
 CHEERe(ダンスパフォーマンス)
 FUNK KIDS選抜メンバー(ダンスパフォーマンス)
 チャオパヤ舞踊団(タイ舞踊)
 ティッチャイタイフード(タイ料理デモンストレーション)
 タイカービングマリー(カービングデモンストレーション)
 キングムエ(ムエタイデモンストレーション)
 ヒーリングスパ沙羅(ルーシーダットンデモンストレーション)


image
東京、大阪、名古屋。フライヤーの雰囲気がまったく違いますよね。
ワタクシメ、これが一番好きです。わかりやすくタイが説明されていて、タイっぽい雰囲気もあって

****************

さて、ここからは『今さら感』が拭えないですが(苦笑)、
東京タイフェスの模様を超ダイジェストでお届けします♪

image
タイの食文化にふれられるフェスでフルーツは外せません!
ランブータン、ドラゴンフルーツがありました。


image
果物の女王『マンゴスチン』は5個で600円でした。
甘くて白い果実がアローーーーイでございます。


image
CNN美食ランキング第1位の『マッサマンカレー』が今年の目玉メニューでしょうか!


image
あぁ、ビール飲みたしっっっ!



image
ピクニックシートエリアは以前からありましたっけ!?


image
「日タイ修好125周年」のブースがステージ近くにありました。
アユタヤ王朝時代から日本とタイの友好関係の様子を知ることができました。
写真は撮りましたが人が写りこんでいるのでこちらをどうぞ!
フルーツカービングの様子です。


image
ステージではタイ舞踊が。どこかのおえねーさんの頭が気になりますがw、
この日はこれが限界です。人が多いゆえ。


image
午前1時半でこんな感じでした。
ワタクシメ、もう、アルコール摂取さえあきらめ、そそくさと退散しました…。



帰りは渋谷口から帰ったのですが、某ホテルの階段で、
『カラバオ』ご一行と遭遇。


一行は階段に座ってマンウォッチングをしておりました。
夕方からのライブは国民的バンドだけに超大盛り上がりだったようですね!


今年は天候にも恵まれ大盛況だった東京タイフェス。
タイの文化にふれられるいい機会! のはずですが、皆様いかがでしたでしょうか?


これだけ人が集まるのでタイの洪水や東日本大震災について
もっと触れてもらいたいな……と個人的には思いましたが、
食べて飲んで騒いでおおいに一日を楽しむ! には、もってこいのイベントだったと思います。


来年も楽しみにしておりまーす♪

 

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

“好感度1位”俳優パク・ボゴム 謙虚すぎる受け答えにウットリ2017.12.05

最旬スターのインタビューをお届けするK☆STAR LOVERS。今回のゲストは、今、韓国で最も愛される俳優のパク・ボゴム(24)。'16年に韓国で放送され、最高視聴率25.3%を記録した時代劇『雲が描...


ランキング