【タイ料理】カオニャオマムアン

投稿日: 2013年03月23日 00:00 JST

年度始めの4月ということもあり、
これまでの生活に一区切りをつけ、外国へ飛び立つ人が多いこの時期。
ワタクシメも在住時は、4月にタイへやってくる(住み始める)日本人を多く見ました。

4月のタイといえば『一年で一番暑い月』。(「世界で一番暑い夏」風に。え。)
じゃなくても暑い国なのに、『一番暑い』ですからね。
どれほど暑いかは想像に難くないです。

日陰を歩き、エアコンがガンガンに利いたビルに逃げ込むのが常となりますが、
この時期はフルーツが一番おいしい時期でもあるのです。

4月においしいフルーツといえば、そう、『マンゴー』!!

熟れ熟れの柔らかくて甘~いマンゴーは日本では味わえません。
そしてぜひ食べていただきたいというか、
食べるとハマる日本人が続出というスイーツがあります。

そうそう、それです。

『カオニャオ・マムアン』です!!!!!
日本語だと「もち米とマンゴーのココナッツソースがけ」みたいな感じでしょうか(長)。

ワタクシメ、初めて見たときは『米』&『マンゴー』という組み合わせに
驚きました。どう考えてもその発想は自分にはなかったので。
しかし『おいしいよ』と勧められ、おそるおそる口にしてみましたら
宇宙へ飛んで行きそうなおいしさで病みつきになりました。

4月からタイに住み始めた日本人(特に女子)が最初にハマる食べものが
けっこうこの『カオニャオ・マムアン』だったりするわけです。
 
もち米に砂糖で甘くなったココナッツミルクを混ぜ込み、
その横(もしくは)上に、熟れ熟れのマンゴーを乗せ、
最後に甘さを引き立てるためか、少ししょっぱいココナッツソースのダメ押し。
聞いているだけで、カロリーが高そうな……、いや、
女子のハートを鷲掴みメニューです。

あ、ちなみに、カロリーは低いはずがありません。
怖いほどにハイカロリーです。

4月はあらゆる果物の甘さがピークに達する時期ですが、
マンゴーはその中でも格別のおいしさになります。

甘酸っぱいやわらか~~~~い果肉に骨抜きにされてください。

カオニャオ・マムアンは、フードコートでも、
ホテルのレストランでも食べられますし、屋台でも普通に買うことができます。
(日本のタイレストランだと、あまり見ないメニューかもしれません。
屋台だと50バーツ前後かと思います)

これからの時期だけのとっておきスイーツ『カオニャオマムアン』。
ぜひご賞味あれ!

image
苦肉の策(笑)

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング