「飛翔って何?大空にこうやって羽ばたくのよ」母は抽象概念を、体験から学ばせた

投稿日: 2009年04月18日 00:00 JST

_dsc56451日1枚のペースで4日で1組が完成していく。泰子さんは菜箸を持ち、それで白紙上に字の位置を示しながら、翔子さんの隣に座り続けた。

叱ってはまた泣き、休憩し、また書き続ける。そのうち、一つ一つの文字としてはアンバランスではあっても、ひと塊で見ると、一種、凄味さえある作品が生まれようとしていることに泰子さんは気づいていた。

般若心経を書くには、楷書の基本となる右肩上がりを理解させなくてはならない。

しかし、「上がる」「下がる」の概念を理解できない翔子さんに、泰子さんはこの「右肩上がり」を理解させるため、来る日も来る日も翔子さんと手をつなぎ、坂道を歩いたという。

「上がるという感覚を具体的に体で覚えさせるためでした。

このときは将来、どこかで個展を開催するなんて夢にも思わなかったので、金の罫線、銀の罫線、赤の罫線と3組の般若心経を作ったのですが、金と赤を紛失してしまったのが残念でなりません」

このように坂道だけではなく、泰子さんは、翔子さんに文字のイメージを伝えるため、実物や、絵、写真などを見せたり、言葉を駆使して理解できるよう尽くす。

「『飛翔』ってなに? 大空にこうやって羽ばたくのよ。この丹頂鶴の写真を見て! どんな気持ちだろうね」

21歳になったころ、再び翔子さんはまったく同じ形式で般若心経に挑戦し、この3月6日の個展にも出品。書家としては十年を経て、十歳のころとは比べようもなく成熟した『般若心経』が完成した。しかし、翔子さんの作品に詳しい来場者たちは「十歳の般若心経のほうが凄みがある」と、口ぐちに言うのだから、いかに十歳の翔子さんと泰子さんの葛藤が深かったかがうかがわれる。

>>続きは明日 毎日更新中

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング