「翔子さんの中に生き続ける父」病気で亡くなってしまったお父様と、毎晩お話を…

投稿日: 2009年04月21日 00:00 JST

_dsc8194「私がテレビに? 新聞に?」と戸惑いもあったが、元来、環境に惑わされない純粋な翔子さんは、どんなに周りが騒がしくなろうとも無心、無欲で書を書き続けている。

「書くことは楽しいし嬉しい。書いていると、お母様がすごく怒って、私が泣いたりすることもあります。そんなときは、お父様に『お母様を叱って』とお願いするんです」

という翔子さん。

 彼女にとって、裕さんの死は解っているが、同時に翔子さんの中に「お父様」はずっと生きているのだ。翔子さんの部屋には生前のダンディな裕さんの写真、翔子さんの誕生日を祝う幸せな2ショットが飾られている。

「病気で亡くなってしまったのだけれど、毎晩、お祈りをして、お父様とお話しをしています。私、頑張りますって」

 その裕さんは、亡くなる半年前に、現在翔子さんの師でもある書家の柳田泰山先生の個展会場で「女房を日本一の書家にしてください」と頼んでいた。

泰子さんは、雅号を金澤蘭凰という。

大学時代に、柳田流の楷書の美しさに魅せられ、三代目の泰雲先生に師事した。その後、泰雲先生死去に伴い、四代目泰山氏の『泰書會』に入門。研鑽を積み九段の腕前である。 

故人となってしまった裕さんの願いもあり、泰山先生は泰子さんにこう言ったという。

「あなたを日本一にと頼まれたけれど、それは無理だから、翔子さんをダウン症で日本一の女流書家にしましょう」と。

 裕さんは、急逝してしまったが、大切な遺言を師に託していってくれた。

>>続きは明日 毎日更新中

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング