「ちゃんと座ってね。こう書くの!いい?」書を指導する翔子、先生としての横顔

投稿日: 2009年04月27日 00:00 JST

_dsc7994これだけ忙しくしていては、書道の練習はほんのわずか?と思われるがそうでもない。

 個展や、頼まれた作品があれば、朝から黙々と書く。

「いまでも『まだそんな線を書いて!』なんていって気合いが入っていないと、私が怒って、手が出ることさえあるんですよ。自分の子供だからここまで厳しくなってしまうのです」

 と泰子さん。傍らの翔子さんはもう慣れているといった風で、動じることはない。

叱られるばかりではない。翔子さんもいまや泰子さんの書道教室で可能な限り助手をつとめている。

教室を見学すると、翔子先生の指導でやっと書くという生徒もいるくらい。

「ちゃんと座ってね。こう書くの! いい?」

翔子さんが実際に、手を持って筆を動かし、指導もする。

「昔から私が何度注意しても、きちんと座ってくれない子も、翔子が『書きなさい!』って注意すると、打って変って素直になるのです。だから、よく『キチンとしないと翔子に怒られるわよ』って脅かして、書かせることもあるんですよ」

>>続きは明日 毎日更新中

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

パク・ボゴム スターダム駆け上がった”アノ時代劇”の舞台裏2017.12.12

今回のK☆STAR LOVERSは、パク・ボゴム(24)のインタビューの後編をお届け! 主演ドラマ『雲が描いた月明り』の撮影中のエピソードをたっぷりと、また、同作で劇中歌を披露したことにちなみ、今後...


ランキング