意外に知らない!?夏を涼しく過ごすための衣服の知恵

投稿日: 2014年08月02日 16:00 JST

全国的に梅雨も開け、日本の真夏がやって来た。この季節、身につけるものを快適に保つのは難しい。そこで生活研究家の阿部絢子さんに聞いた、暑さや湿気を逃し、体温を上げすぎない着こなしをご紹介しよう。

 

〈汗を吸収し、熱や湿気を放出できる素材を〉

体で感じる暑さは気温よりも湿度に左右されるもの。身につけた衣服で、いかに湿度をコントロールできるかがポイントになります。汗をよく吸う綿や麻、レーヨンなどは衣服の中の湿度が上がりにくい夏向き素材の代表です。逆に、ナイロン、ポリエステルなどは吸水性が悪いので、着ていると暑く感じられます。

 

衣服の通気性も大事です。あまりぴったりフィットしたり、締めつけるようなものは体との間にすき間がなく、熱や湿気を放出できないので、ゆとりあるデザイン、特にエリや袖が開いたものを選んで。

 

〈下着はつけるほうが涼しい〉

汗を吸って発散してくれる下着は、衣服内の湿度を下げるため、きちんとつけるほうが涼しく過ごせます。夏の間ブラジャーはなしでという人も増えていますが、胸元に汗をかきやすいので、ブラジャーは大事です。

 

また、ラクさだけを追求してキャミと一体型ばかり選んでしまいがちですが、続けているとひと夏でカップのサイズがひとつ下がってしまうと言う専門家も。

 

〈入浴後には「甚平」を積極活用〉

家で涼むためなら浴衣も襟元をゆるくして、簡単な帯だけにしても。それよりおすすめは甚平。半袖・筒袖で上下が分かれているので風通しもよく、過ごしやすいのがうれしいところ。子供用、女性用も増えています。

【関連記事】

猛暑に負けない!涼しい家づくりのための9つの知恵

FP主婦が実践する節約の知恵「チラシは見ない」
家じゅうのいらないものを売って増税分を取り戻す知恵

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング