入浴、照明が鍵…クーラーなしで安眠する4つの知恵

投稿日: 2014年08月02日 16:00 JST

猛暑の夏がやって来た。今年も熱帯夜が続く?「暑くて眠れな〜い、でもクーラーかけっぱなしじゃ体調が……」という人も少なくないはず。そこで生活研究家・阿部絢子さんに自然と涼しく眠れる方法を聞いてみた。

 

〈就寝1時間前にぬるめのお風呂へ〉

お風呂には汗を皮膚から流し、温めて自律神経を整える効果があります。シャワーだけでなく、お湯につかりましょう。安眠を得るためには、寝る1時間ほど前にぬるめのお湯につかるのが効果的です。入浴後、体温が下がるタイミングで就寝を。

 

〈吸収、発散に優れた“寝ござ”〉

人は眠っている間に約180ccの汗をかきますが、夏はその量が倍になるとか。寝具は吸湿性、発散性に優れた素材を選びましょう。昔ながらの寝ござがおすすめです。い草は綿の3倍も汗をとる効果があるといいます。この効果で、肌がさらさらに感じられ安眠できるのです。また、い草の香りにはリラックスと安眠を促す効果や、汗の中の臭いのもとになる成分を分解消臭する作用もあります。

 

〈虫は通さず、湿気は逃がす蚊帳〉

昔、どこの家にもあった蚊帳は虫の侵入を防ぐだけではなく、風を通して湿気をこもらせないので、蒸し暑い夜に涼しく安眠するための必需品でした。現在では、目の粗い麻や木綿、ナイロン製のものも。

 

窓を開けず、エアコンや扇風機のタイマーをかけて寝る場合も、ベッドや布団の上から蚊帳をつってその中で眠ると、風が直接当たらず体に優しい状態になります。また、蚊帳で囲むことで周囲が特別な空間になり、リラックス効果も得られます。

 

〈寝室の照明は月明かりと同じに〉

快眠に適した寝室の照明は、真っ暗にしてしまえばよいというものではありません。ほんのり明るい月明かりくらいが理想。不安を取り除き、安眠できるのだとか。フットライトやランプの豆電球など、少し明るさを残して眠りましょう。

【関連記事】

香り実験 安眠したいときに嗅ぐと良い香りは…

食材の潜在能力を最大限発揮させる「体にいい食べ合わせ」2

赤ちゃんが寝てる間に…思わずハマる「ねぞうアート」の作り方

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

水晶玉子さんが語る「物事が大きく発展する“吉兆日”はこの日!」2018.05.09

3年目を迎えた本誌連載『オリエンタル占星術』が大人気の占い師・水晶玉子さん。'17年末に、『水晶玉子縁結び開運バイブル2018』(光文社刊)を出版した記念として、4月16日、都内の光文社にて、水晶玉子...


ランキング