備品も充実…巷で人気の「昼寝カフェ」を体験してみた

投稿日: 2014年08月18日 13:00 JST

最近、ちまたでは昼寝ができるカフェやラウンジが人気だという。さっそく東京都内にある女性専用のおひるねカフェ、「corne(コロネ)」に、睡眠不足に悩む本紙記者が「昼寝体験」取材へ!

 

「神保町は出版社や大学が多く、町の飲食店でも丼モノや大盛りメニューが目につきます。男性が多い街だとイメージされがちですが、頑張って働いている女性もたくさんいます。オープン以来、20〜30代の編集者やライターさん、OLの方々がよく来てくださいますよ」

 

そう言うのは、店長の塚島早紀子さん。

 

「1日約40人のご来店があります。疲れがたまってくる週の後半、水〜金曜はご来店も多く、混み合う利用時間は、昼12時過ぎから14時くらいまで。10分160円ですが、40分利用券付きのランチ850円が人気です。お客様からは『想像以上にスッキリした』『気分転換になり、いいアイデアが生まれた』『仕事の効率がよくなりはかどっている』という声が聞かれます」

 

店内はラベンダーのアロマのいい香りが漂い、リラックス効果も抜群!アイマスクや枕カバー、冷房が苦手な人のためにレッグウォーマーが無料で使える。さらにタオル地やワンピース、Tシャツタイプなどかわいらしいルームウエア、約15種類の貸し出しも(別料金100円)。

 

17種類ある枕は何個でも借りられるため、リラックスするための抱き枕、むくんだ足をスッキリさせる足枕、首が痛いので低い枕、3つの枕を欲張って抱えて、いざお昼寝スペースへ!

 

薄暗く、天蓋付きのマットレスが10台ズラッと並んでいるお昼寝スペース。低反発と中反発のマットレスから、昼寝向きの低反発をチョイス。バイブ式のアラームをセットして、「おやすみなさーい!」

 

――15分後。強いバイブの振動で、バッチリ目覚められた。マッサージチェアで体をほぐし、メークブースで寝癖を整え、カフェスペースで爽やかなミントティー(200円)と人気のえびアボカドチーズのホットサンドをいただく。うーん、満足。

 

頭も心もスッキリして、おなかも満たされるお昼寝カフェ、オススメです!

【関連記事】

ロビーでくつろぎたばこを吹かし…省庁“役人天国”の実態

最新版「認知症にならない人の若返り習慣」

高校で進学実績UPも...1日15分「昼寝の効用」

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

水晶玉子さんが語る「物事が大きく発展する“吉兆日”はこの日!」2018.05.09

3年目を迎えた本誌連載『オリエンタル占星術』が大人気の占い師・水晶玉子さん。'17年末に、『水晶玉子縁結び開運バイブル2018』(光文社刊)を出版した記念として、4月16日、都内の光文社にて、水晶玉子...


ランキング