蛭子能収のゆるゆる人生相談「上司が仕事のミスをネチネチと」

投稿日: 2014年09月24日 12:00 JST

長崎県に生まれ、看板店、ちり紙交換、ダスキン配達などの職業を経て33歳で漫画家になった蛭子能収(66)。これまで人から相談を受けたことは皆無だったという彼が、本誌読者からの相談に答える!

 

【Q】「私の上司が、仕事のミスをいつまでもネチネチ言ってきたり、理由もわからずに突然キレてきたり。このままではうつ病になりそうで転職を考えています。どうすればいいと思いますか?」(フルマリさん・31・会社員・埼玉県所沢市)

 

【A】「お金をもらえるなら何でも我慢すべき」(蛭子能収)

 

上司の言うことは聞かないといけないんです。ハイハイと聞いていれば、給料をもらえるんですから。パワハラとか、うつ病とか……うふっふふ。なんか、深刻な相談を受けると笑っちゃうんですよ。

 

俳優の高橋英樹さんが司会の番組でも、悲しい場面で共演者が深刻な顔をしているのを見て笑っちゃったことがあるんです。それで高橋さんに怒られたことがあるんです。

 

高橋さんは上司ではなく大先輩ですが、この前、それがきっかけで、ずっといじめられているのでは、と週刊誌の記者が訪ねて来たことがあるんです。たしかに高橋さんはキツいけど、親しみが込められているんですよね。

 

しかも、オレにとっては、それでお金を稼いでいるわけですからなんでも我慢しますよ。高橋さんとは番組以外でも麻雀をしますが、そこで勝って、心でニヤリとしていればいいんですよ。

【関連記事】

蛭子能収のゆるゆる人生相談「上司の当たりがきつく…」

「会話相手に恋愛を」プロが教える人脈をつかむ話し方
談志さんの弟子に教わる「パワハラ上司との付き合い方」

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

“好感度1位”俳優パク・ボゴム 謙虚すぎる受け答えにウットリ2017.12.05

最旬スターのインタビューをお届けするK☆STAR LOVERS。今回のゲストは、今、韓国で最も愛される俳優のパク・ボゴム(24)。'16年に韓国で放送され、最高視聴率25.3%を記録した時代劇『雲が描...


ランキング